8月は電力会社??

8月のマーケットが始まった。




上は、ダウ指数の平均成績を月別に表したものだが、見てのとおり8月は+1.3%と好調だ。(資料:ハルバート・ファイナンシャル・ダイジェスト) もちろん肝心なのは、どの銘柄を買うかだが、ストックスカウターが勧めているトップ7銘柄を調べてみると電力会社が目立つ。


TECO Energy, Inc. (TE) 電力

Public Service Enterprise Group Inc. (PEG) 電力、天然ガス

Energen Corp. (EGN) 天然ガス

America Movil S.A.B. de C.V. (AMX) テレコミュニケーション

CPFL Energia S.A. (CPL) 電力

ITC Holdings Corp. (ITC) 電力

General Communication Inc. (GNCMA) テレコミュニケーション


電力会社が買われる理由の一つは配当金だ。上記電力会社の配当利回りを見てみよう。

TECO Energy, Inc. (TE): 5.02%

Public Service Enterprise Group Inc. (PEG): 4.16%

CPFL Energia S.A. (CPL): 6.15%

ITC Holdings Corp. (ITC): 2.26%

(現在米国の10年物国債の利回りは2.95%)


配当金に関することで、リチャード・バンド氏(Profitable Investing)は、こんなことを書いている。

乱高下するマーケットを乗り切るためには、高配当な安定した企業に投資することも大切な要素の一つだ。高配当銘柄の中で、私が特に注目しているのは、カナダのEnerplus Resources Fund (ERF)だ。配当利回りは9.1%におよび、毎月支払われる。



(情報源: No time like the present

50 stocks to buy in August

Seeking shelter

コメント