学生寮の無料トイレットペーパーを廃止するべきか?

テキサスA&M大学は、学生寮に無料でトイレットペーパーを配布することを止めるようだ。学生課の話によれば、トイレットペーパーを学生に負担させることで、大学は年間8万2000ドル(約713万円)のコストを削減できるという。

さっそく掲示板の書き込みを見てみた。

・ 何か航空会社のような話だ、、、(TCamaさん)

・ もしこれが実施されれば、キャンパス内には、トイレットペーパー泥棒が横行することになるだろう。(Thymeさん)

・ 8万2000ドルの経費削減になるということだが、よく考えてほしい。該当するのは学生寮だけだから、他の校舎に置かれているトイレットペーパーは、おそらく次々と盗まれることだろう。その結果、大学側は盗まれた分を負担することになるのだから、結局コストの削減を実現することはできないと思う。(pecan 3.14159265さん)

・ あれほど授業料が高いのに、今さらトイレットペーパーでコスト削減をしようとは、、、、(agraham999さん)

・ 私の大学には無料でトイレットペーパーが置かれているが、とにかくひどい紙の質だから、とても使えるようなものではない。(RonDiazさん)

・ 「なぜ宿題を忘れたのかな?」 「すみません、ノートをトイレットペーパーの代わりに使ってしまいました。」(CookiePussさん)

・ 単にトイレットペーパーを使用しない学生が増えるだけだと思う。(Moriartyさん)

・ 寮費にはトイレットペーパーも含まれているのではなかっただろうか?(brianisthegreatestさん)







コメント