原油は1バレル300ドルを突破する!?

(下はラリー・エーデルソン氏のコラムから抜粋)

世界の投資家たちから信頼されているあるレポートによれば、原油は向こう数年内に、1バレル300ドルを超える可能性があるという。その第一の理由は明るい将来が見えない米ドルだ。時々ラリーが展開されることはあるが、向こう2、3年間で、ドルの購買力は更に少なくとも半減することだろう。それにドルは、世界の準備通貨としての地位を失う可能性もある。米国は、自国だけでなく世界経済を刺激するためにドルを刷り続けてきたが、最近のバーナンキFRB議長の証言を聞く限り、米国のこの姿勢が近い将来変わることはない。言うまでもなく、これはドルに悪影響だ。

現状を考慮すると、中国経済が大きく後退する可能性は無い。そればかりか、10年以内に中国経済は米国を抜き、世界一の規模に成長することだろう。中国経済の成長が顕著に表れているのがエネルギー需要であり、既に先日報道されているように、中国のエネルギー消費量は米国を追い抜いて、世界トップのエネルギー消費国となった。

中国のエネルギー消費は、まだ大きく増える。例えばアメリカと中国を比較してみると、アメリカの一日一人当たりのエネルギー消費量は11.4キロワットだが、中国はたった1.6キロワットにすぎない。言い換えれば、既に世界トップの中国だが、エネルギー消費量はまだアメリカの七分の一しかないわけだ。

ということでエーデルソン氏は、「原油は長期的に最も有望な投資の一つだ」と主張し、次の原油、エネルギー関連銘柄を勧めている。

Brigham Exploration Co. (BEXP)

Denbury Resources Inc. (DNR)

Devon Energy Corporation (DVN)

Forest Oil Corp. (FST)

Nexen, Inc. (NXY)

Talisman Energy Inc. (TLM)


エーデルソン氏


(情報源: Headed Unimaginably Higher!

コメント