反省の月曜、、、

心に響く名刺のコツは、自分のことをもっと公開することだそうです。特に、封印したい過去や忘れたい出来事、苦しかったことなど自分があまり良くなかったと感じている過去を見せると良いのだとか。--- 鉢須祐子氏(A&Dライフプランニング)のメルマガから抜粋

それでは告白です。金を節約しようと決めたのですが、誘惑に負けて、土曜の夜、スロットマシンで500ドルほど無駄にしてしまいました。自分で決めたことを破っただけに、あまり楽しくギャンブルすることはできませんでした。大いに反省してます。

鉢須祐子氏のメルマガの続きです。

お金の失敗は、クセになっています。具体的な失敗談を書き出すと、貯金が出来るようになります。今までの人生で、「無駄に大きな買い物をしちゃった」 「なんとなく使っていたら給料日前にお財布がピンチになった」 「お金の貸し借りでトラブルになった」 など、お金の管理がうまくいかなかった経験があるでしょう。それらをいくつか書き出していくと、自分の傾向が見えてきます。そうしたら、あとはそれをどう防ぐか考えればいいのです。

私の場合ですが、仕事の関係で数種類以上のニュースレターを購読しています。考えてみれば、同僚の勧めで購読を始めただけで、ほとんど目を通していないものもありますから、言うまでもなくお金の浪費です。もう一度購読リストを見直して、大して役にたっていないものはキャンセルしようと思います。

「心に響く名刺」かどうかは別として、グーグルで検索したら、ユニークな名刺が色々と出てきました。下が数例です。



個人トレーナー、ポール・ニールセン氏の名刺です。引き伸ばすと名前を読むことができます。


美容師の名刺です。



これが表、下が裏です。



そして、プラスチック製の名刺です。




(情報源: 鉢須祐子氏メルマガ http://archive.mag2.com/0000281856/index.html

unique business cards

コメント