まだ白旗は見えない

thestreet.comのオンライン意見調査:

質問: あなたは、どんな姿勢で今週の相場に臨みますか?

回答:

・ 強気 42.82% (215票)

・ 弱気 48.2% (242票)

・ 中立 8.96% (45票)

どのセクターが買われると思いますか?

・ 大手銀行 12.35% (62票)

・ 貴金属 12.74% (64票)

どのセクターが売られると思いますか?

・ 大手銀行 24.9% (125票)


下は投資家のセンチメントだ。



(www.sentimentrader.comから)

大幅に下げた金曜のマーケットだが、長期(LONG-TERM)短期(SHORT-TERM)とも、まだ超悲観レベル(Extreme Pessimism)には達していない。ということで、この指標だけに頼って判断するなら、マーケットはまだ下げ足りないということになる。




上はボラティリティ指数の日足チャートだ。一般的に言えることは、皆が皆かなり弱気になっているときは、ローソク足がボリンジャー・バンドの上限バンドに接触、または上限バンドの外へ飛び出てしまう。

次に、プット・コール・レシオ指数を見てみよう。



1.00を超え、投資家たちが弱気になっている様子が分かる。しかし、まだ極端な高レベルではないから、皆が皆かなり悲観的になっているわけではない。よく聞かれる表現を使えば、マーケットには、全面降伏の白旗はまだ見えない。


(情報源:POLL: Bull or Bear?

コメント