次は何を有料にするのだろう?

ご存知のように、飛行機への搭乗はファーストクラスから始まり、エコノミークラスの乗客が最後になる。もし10ドル余分に料金を払うことで、誰よりも先に搭乗できるなら、あなたは10ドルを払うだろうか?この夏、アメリカン航空は「アーリー・ボーディング」という、他の客より一足先に搭乗できるサービスを開始する。この料金が10ドルだ。

特に連休などで混んでいる場合、最後に搭乗すると、頭上の荷物棚がいっぱいになっていて、空いているところを探さなければならないことがある。しかし、この新サービスを利用することで、そんなことを防ぐことができるというわけだ。(手荷物チェックイン料金、有料機内食、毛布料金などで分かるように、航空会社はサービスの料金化に忙しい。まさかとは思うが、客室乗務員と話すことも有料になる日が来るのだろうか?)

さて、掲示板には、どんなことが書き込まれているだろうか?

・アメリカン航空ではないが、サウスウエスト航空に、この「アーリー・ボーディング」を採用することは意味があるかもしれない。何故なら、サウスウエスト航空の場合、搭乗券は渡されるが、座席番号が指定されていないから早く乗らないと良い席が取れない。(madanthonyさん)

・10ドル払ってまで先に乗りたいとは思わない。いつも身軽に旅行しているから、私の場合、頭上の荷物棚は必要ない。(dreamfishさん)

・10ドル払ったからといって快適な座席が確保できるわけではない。単に人より先に乗って、座り心地の悪い席に早く座ることができるだけだ。(FooSchnickens - Full of SCARさん)

・変な料金だと思う。10ドル払うことで、誰よりも長い時間、機内で離陸を待つことができるわけだ。(sonneillonさん)

・将来こんな事になるかもしれない。先ず航空券を買う。航空券は単に搭乗する権利があることを示すだけだから、次に座席を買う。もちろん、座る場所によって座席料金は異なる。機内前方の席、後方の席、窓側の席、通路側の席、非常口に近い席、、、(dxdtさん)

・航空会社の重役たちは、頭を揃えてこんなくだらないことを真面目に考えているわけだ。(GregorydePSさん)








コメント