火曜のコメントから

・ BPは既に40%ほどの下落となり、これが意味することは、投資家たちは配当金が50%減らされることを予想している。しかし、BPが減配を決定することはないと思う。--- フレッド・ルカス氏(JPMorgan)(株価の大幅下落で現在のBP配当利回りは8.95%)

・ 原油はマーケットの癌だ。--- ibankcoin.com

・ 下げ相場を乗り切るためには、分かりきったことを言うようで申し訳ないが、向こう5年間に必要な資金を定期預金や短期国債に回して株に投資しないことだ。--- ジョナサン・バートン氏(marketwatch.com)

・ ユーロは、この辺で下げ止まった可能性がある。悪材料に次ぐ悪材料が発表されたが、ここ数日間ユーロは$1.22の上にとどまっている。何かが変わりつつあるようだ。--- アンドリュー・ブッシュ氏(BMO Capital Markets)

・ ヨーロッパの問題は数日間、数週間などといった期間で解決することはない。投資家たちは引き続きユーロを避け、ドル・ベースの投資、例えば米国債などに資金を移動させることだろう。--- ガイ・レバス氏(Janney Montgomery Scott)

・  比較的長い期間にわたりユーロは大幅に下げた。これが意味することは、米国際企業の利益が、かなり高い確率で悪影響を受けるということだ。--- マリアン・ウォルク氏(Susquehanna)


そして、リットホルツ氏のサイトに、こんな話が載っている。

「特に若い世代に、丈の長いスカート/ドレスが流行している。1926年、ジョージ・テイラー氏が考案した『ヘムライン指数』という有名な指数がある。スカートの丈が短いときマーケットは上昇し、スカートの丈が長くなるとマーケットは低迷するというものだ。とすれば最近の流行は、株式市場に悪材料だ。」




(写真:ritholtz.com)






コメント