ヌードを3Dで?

5月14日(金)、プレイボーイの3D版が発売になる。最近人気の3D映画からヒントを得、低迷する雑誌の売上を、何とかして向上させようということらしい。(2006年、プレイボーイの出版数は350万あったが、今日の数値は半数以下の150万だ。)

3Dだから、とうぜん雑誌には3Dメガネが付いてくる。はたしてどの程度の売上になるかは分からないが、大人たちが変なメガネをかけてヌード写真を見ている姿は、おそらく奇妙な光景となるだろう。

掲示板の書き込みを見てみよう。

・今日の世の中で、いまだに雑誌を買う人がいるのが信じられない。(BikesBeautiesMagさん)

・3Dにしたとしても雑誌の売上には大して影響しないと思う。それよりも、プレイ・ガールの3Dというのはどうだろうか?何となく怖い感じがする。(catastrophecathyさん)

・3Dにするより、プレイボーイはiPad上で購読可能にした方が良いと思う。(Man the Middleさん)

・インターネットには無料のヌードが溢れている。それなのに、まだ150万部も売れているというのが信じられない。(woolwvさん)

・プレイボーイがまだ出版されているとは知らなかった。(99gmcさん)

・もし3Dにするならハスラー誌の方が強烈だと思う。(ltTollsForTheeさん)

・インターネットで見れるものと比較すると、プレイボーイは、あまりにもおとなしすぎる。雑誌が生き延びるためには、内容を、もう少し卑猥にする必要があると思う。(brucetonさん)

・飛び出す絵本の方が、もっと良いアイディアだと思う。(iceloadさん)




(写真:USA TODAY)




コメント