エイプリルフール?

Bordersという本屋があるのだが、こんな写真がconsumerist.comに掲載されていた。


どう見ても同じものだが、一方は15ドル99セント、そして他方は12ドル99セントだ。元々の値段は19ドル99セントだから、どちらも割引されていることは間違いないが、わざわざ15ドル99セントを払う人など一人もいないことだろう。(エイプリルフールだろうか?)

こんな書き込みがあった。

・従業員は、値段を単に機械的に貼り付けていくだけですから、よく起きる間違いです。しかし、たとえ12ドル99セントでも高すぎます。(pecan 3.14159265さん)


下はBordersの長期チャート(月足)だ。


厳しい経営状況を反映し、株価は低迷が続いている。なんと言ってもアマゾンが強敵だ。


さて、聖金曜日で明日は休みになり、アメリカは嬉しい連休だ。もちろん、証券取引所も休みになるから、金曜の株取引は無い。しかし、3月の米雇用統計は、予定どおりに金曜の朝に発表されるというから驚いてしまう。

ということで、市場の反応は月曜まで待たないといけないが、下記がアナリストたちの予想だ。

・非農業部門就業者数: +19万人

・失業率: 9.7%

・平均労働時間(週): 33.9時間

・時給: +0.2%


そろそろ木曜のマーケットが終わる。現在ダウは+0.47%だ。




コメント