金利は据え置き、

そしてFOMC終了後の声明にも変化は無かった。



ドル/円の3分足(FOMC政策金利発表直前直後の動き)



そして、上はドル/円の日足チャート。下降するチャンネル内での動きが続いている。


marketwatch.comから抜粋してみよう。

「連銀は米国経済が、まだ独り立ちできる状態でないことを知っている。超低金利政策の終わりは依然として見えない。」

pragcap.comは、こう書いている。

「声明を一目見て言えることは、かなりハト派的な内容だから、これを買い信号と解釈する株投資家も多いことだろう。」






コメント