注目されるトヨタ

(www.nikkei.co.jpから抜粋)

米下院エネルギー・商業委員会が23日開いたトヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)問題に関する公聴会は、異例の大混雑となった。傍聴を希望する人の列は約50メートルにも及び、約150人分の傍聴可能者数に対し、300人以上が集まった。(中略)米議会周辺では23日夜、24日の公聴会を傍聴しようと徹夜覚悟の人たちが早くも列をつくり始めた。

下は、ニューヨーク証券取引所に上場されている、トヨタ・モーター(TM)の日足チャートです。


1-2-3ボトムが出来上がるかが注目されます。サポートラインが守られ反発するようなら、3の高値突破で買い、第一目標株価は2になります。





もちろん、サポートラインを割ってしまうことも考えられます。しかし、割った後すぐ反発してくるようなら、サポートラインの上に戻ったところ(4)が買いのタイミングになります。



コメント