トレーダーが見ている四点

週末の話を総合すると、トレーダーたちは次の四点を特に気にしています。下は、S&P500指数に連動するSPYの日足チャートです。


1、ほぼ水平に走る50日移動平均線を、まだ完全に突破していない。

2、61.8%の値戻しレベル(1月の高値から2月の安値で測定)がレジスタンスになった可能性がある。

3、ストキャスティクスが買われ過ぎレベルに入っている。




SPY(日足)

そして4つめは、下降するボリンジャーバンドの上限バンドがレジスタンスになるかもしれない、という見方です。

ということで空売りを狙う人が増えそうな雰囲気です。個別銘柄としては、ナスダック100指数が1%下がると2%上がる仕組みになっている、UltraShort QQQ ProShares (QID)を注目リストに入れておくのも良いアイディアと思います。



UltraShort QQQ ProShares (QID) 日足

上昇するボリンジャーバンドの下限バンド、そしてサポートゾーンのテスト中。

コメント