特大陽線のThe Street.com

The Street.com (TSCM)が29%も上げている。米国の投資家にはお馴染みの、ジム・クレーマー氏(株番組「マッド・マネー」担当)がThe Street.comの会長を務め、約12%に相当する株を保有している。下が日足チャートだ。(マーケット終了2時間前)


巨大な陽線、膨大な出来高、チャート・パターンが完全に一転してしまった。しかし、なぜこうも派手に上げたのだろうか?今朝、The Street.com (TSCM)株を、Market PerformからMarket Outperformに格上げし、目標株価を5ドルに設定したサミィート・シンハ氏の説明はこうだ。

「会計上の問題で取調べを受け、過去2四半期にわたって、投資家たちはThe Street.comの経営状態を適切に把握することができなかった。しかし、The Street.com株には本質的な価値がある。」(取調べが済んだThe Street.comは、昨日(月曜)のマーケット終了後、遅れていた2009年第2、第3四半期の決算を発表した。)

週足チャートに移ろう。



3ドル50セント付近に走る抵抗線が直ぐ上に迫っている。今週の取引をまだ3日間残し、矢印で分かるように既にこれだけの出来高だから、このレベルを簡単に突破してしまうかもしれない。

もう一度日足を見てみよう。



一旦利食われたところで買ってやろう、と計画している人たちは、青の水平線あたりまでのプルバックを待っていることだろう。


さて今晩の「マッド・マネー」、クレーマー氏はご機嫌だろうか?




ジム・クレーマー氏




コメント