ヘッド・アンド・ショルダーズ



上は、ダウ指数に連動するダイヤモンド(DIA)の5分足チャートだ。予想どおりの金利据え置きが発表された後(矢印)、マーケットは、ゆっくりとした上げに転じている。

反対に売られたのは国債だ。



iShares Barclays 1-3 Year Treasury Bond (SHY) 5分足

SHYは、短期国債に投資する上場投信だが、矢印で分かるように、金利ニュースの発表後、下げ速度が増した。

それでは、SHYの日足チャートに移ろう。



年末の安値から順調に回復ていたが、50%の値戻しレベル(11月30日の高値から12月31日の安値で測定)の突破に難航している。

月足も見てみよう。



ヘッド・アンド・ショルダーズと呼ばれる、売りパターンが形成されている可能性がある。現在、既に割ったネックラインまで戻っているから、一般的には二度目の売りチャンスと解釈されている。

下が、分かりやすく示した、ヘッド・アンド・ショルダーズ・パターンだ。









コメント