マーケット関係者のコメント

・ 「ゼネラル・エレクトリック(GE)と言えば、高配当の優良株、というイメージがあった。しかし、過去18カ月間のデータを考慮すると、GEはもはや優良株ではない。」 --- ディリップ・サランガン氏(Frost & Sullivan)

・ 「2009年が終わり、2010年の米国経済は2%から3%の成長になりそうだ。こんな状況では、資産を多く抱える輸送業者、特に鉄道株が有望だ。」 --- リー・クラスコー氏(Longbow Research)

・ 「ここまでを振り返ってみると、非金融企業の85%が、アナリストの予想を上回る決算を発表している。しかし気になるのは、金融企業の決算で、アナリストの予想を超えているのは50%だけだ。」 --- デービッド・ケリー氏(JPMorgan Funds)

・ 「オバマ大統領のお陰で投資家が逃げてしまった。」 --- トッド・レオネ氏(Cowen & Co) (木曜、オバマ大統領は金融規制案を発表し、ダウ指数は2.01%の下げとなった。)

・ 「大手銀行に対する不満は多い。しかし、オバマ大統領の金融規制案が、投資家にとってプラスになるとは限らない。」 --- ギャリー・ウェブ氏(Webb Financial Group)

・ 「投資家たちは、予想以上に良い決算発表が連続し、マーケットは更なる上昇となることを期待していた。たしかに良い決算が多い。しかし、肝心なマーケットは上がらない。」 --- ボブ・ピサニ氏(CNBC)

・ 「この三日間で、50日移動平均線より2標準偏差上にあったS&P500指数は、現在50日移動平均線より1標準偏差下にある。マサチューセッツ州での共和党勝利が、ワシントンに大きな影響を与えるように、株式市場も大きな転換点に来ているのだろうか?」 Bespoke Investment Group

・ 「中国が成長株なら、アメリカは割安株だ。中国に不安を感じ、中国株を売っている人たちは、資金を米国株へ移す可能性がある。」 --- マイク・ローク氏(BTIG)









コメント