マーケット関係者のコメント

・ 「今から5年後を考えると、G7の影響力は低下し、主力になるのはアメリカと中国のG2だ。」 --- フレッド・フランケル氏(Beacon Trust Company) 

・ 「かなり低い水準だが、私は、ボラティリティ指数の数値を、それほど気にしていない。重要なことは、決算発表に、株式市場がどう反応するかだ。」 --- ダン・ハッチンソン氏(Meridian Equity Partners) (月曜のマーケット終了後、ダウ銘柄Alcoa Incの決算発表が予定され、いよいよ決算シーズンが始まる。)

・ 「米国株式市場の、短期長期予想は両方とも上げだ。」 --- ブライアン・ベルスキー氏(Oppenheimer)

・ 「今日の米国経済を考えてみると、現在の株式市場は、あまりにも現状を無視したレベルまで買われてしまった。」 --- ヘンリー・ブロジェット氏(Business Insider)

・ 「米国経済の回復速度は痛々しいほど遅い。」 --- ジェームズ・ハミルトン氏(Econbrowser)

・ 「手っ取り早く金を儲けてやろう、と夢見る人たちが、今日の中国社会にはびこっている。経済バブルを作り上げることで、誰でも金持ちになれると思ってしまうが、経済理論が教えていることは、金は流通させるものだ。」 --- アンディ・シエ氏(経済学者)

2010年の為替投資姿勢として、アンドリュー・ガースワイト氏(Credit Suisse)は、こう書いている。

・対ユーロでノルウェー・クローネの買い。

・日本以外のアジア諸国通貨の買い。

・円の空売り。

・対ドルで英ポンドの空売り。










コメント