2010年、米国で昇給を期待できる10の職業

(money.cnn.comから抜粋)

・税理士:2、3年の大企業での経験がある税理士の需要が上昇する。

・コンプライアンス・ディレクター:会計法が改正となり、コンプライアンスの専門家の知識が重要になる。

・(銀行やクレジット会社の)顧客信用調査主任:顧客の信用分析、延滞金管理のできるスペシャリストの初任給が上昇する。

・シニア・ファイナンシャル・アナリスト:いっそう合理的な経営を実現するために、ファイナンシャル・アナリストの需要が増大する。

・ネットワーク管理者:VoIP、SaaSの普及で、ネットワーク管理者の重要性が増した。 

・情報システム・セキュリティー・マネージャー:企業のデータを守ることは、いっそう重要になる。

・システム・エンジニア:テクニカル・サポートの初任給が上がる。

・医療記録の事務員:オンラインで医療記録が入手できるようになり、インターネットの知識を有する医療記録の事務員の需要が増す。

・顧客サービス担当者:顧客サービスの重要性が見直され、経験のある顧客サービス担当者の需要が増える。

・秘書:多才な秘書を求める企業が増える。







コメント