週末のニュースレターから

(一部抜粋)

コメント:

「テクニカル・アナリスト、それに一部のファンダメンタル・アナリストは、サポートライン、レジスタンスライン、そしてトレンドラインを利用している。これらのラインに、特別な力があるというわけではないけれども、値動きに表れた人間心理を読むことができる。私たちは、そんなに昔のことまで憶えていないから、最近のトレンドラインほど効力がある。」 --- ジェーソン・ゲップフェート氏(sentimentrader.com)


S&P500指数に連動するスパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



またしても方向性を欠く一日となった。ストキャスティクスで分かるように、まだマーケットは、買われすぎレベルには達していない。週足チャートを復習してみよう。



下降するトレンドライン(1)、そして2007年の高値から2009年の安値で測定した50%の値戻しレベルが、相変わらずレジスタンスになっている。


TheStreet.comのオンライン意見調査:

質問: あなたは、米国株式市場に対して強気、弱気、それともニュートラルですか?

回答:

・ 強気 54.82% (108票)

・ 弱気 31.47% (62票)

・ ニュートラル 13.7% (27票)


コメント