マーケット関係者のコメントから

・「以前のような極端な節約ムードは無くなり、消費者たちは、高級レストランに出向くようにった。」 --- ラリー・ミラー氏(RBC Capital Management )

・「3月の安値から、ここまで大きく回復してきたことを考慮すれば、マーケットには休憩が必要だ。」 --- ローレンス・グレーザー氏(Mayflower Advisors)

・「ウォール街のアナリストは、あまりに悲観的だ。本当なら、小売セクター株の買いを勧めるべきなのだが、彼らは反対に小売株を避けることを勧めている。」 --- ジム・クレーマー氏(Mad Money)

・「最近のマーケットには、はっきりとした方向性が無い。言い換えれば、今日のマーケットには、投資者たちを興奮させるような買い材料が不在だ。」 --- ロッド・スマイス氏( Riverfront Investment Group )

・「多くのトレーダーは、トレードのゴールを設定するのだが、そのゴールを達成するための計画が無い。」 --- ブレット・スティンバーガー氏(TraderFeed)

・「遅かれ早かれ最終的に金利が引き上げられることは間違いない。しかし、たとえ利上げが実施されたとしても、この上げ相場を崩すことはできない。なぜなら、皆が思っている以上に経済は強いからだ。」 --- ライアン・デトリック氏(Schaeffer's Investment Research)

・「S&P500指数は、長期レジスタンスのところで足踏み状態だが、上放れの可能性は十分にあると思う。高値を更新した後、金の利食いが続いているが、これはそう長く続くことはないだろう。」 --- ( Decision Point) 




ジム・クレーマー氏(Mad Money)

コメント