週末のマッド・マネーから

予想以上に良かった11月の米雇用統計に元気付けられたように、「株は、まだまだ上がる」、というのがジム・クレーマー氏の結論だ。

下のチャートで分かるように、金曜の寄り付き(1)は強かったが、けっきょく買いは続かず、冴えない終了となった。


(S&P500指数に連動するSPYの30分足)

好材料の発表で利食われる形となったが、クレーマー氏は、金曜に売った人たちは間違っていると言う。「米国経済は、生命維持装置につながった状態が18カ月ほど続いているが、いよいよ自らの力で呼吸ができそうだ。」

それでは、どんな銘柄に注目できるだろうか?

今週は、米血液学会の会議が開かれるから、クレーマー氏は、次の4銘柄を監視することを勧めている。

・Celgene (CELG)

・Allos Therapeutics (ALTH)

・Immunogen (IMGN)

・Onyx Pharmaceuticals (ONXX)


それでは、それぞれの日足チャートを載せておこう。


Celgene (CELG)

58ドル付近が壁になっている。




Allos Therapeutics (ALTH)

すぐ上に走る200日移動平均線の突破に難航している。




Immunogen (IMGN)

9ドルが目先の壁だ。




Onyx Pharmaceuticals (ONXX)

9月の終わりに開けた窓がレジスタンスになっている。



コメント