どうやってトレードを学ぶのか、3つのステップ

「自動売買システムやトレード・ロボットが次々と現れ、為替トレーダーたちは、新システムから新システムへと移り歩いている」、とビル・ポーロス氏は言う。もちろん、これは為替をやる人だけに顕著な現象ではなく、株や先物トレーダーにも当てはまることだ。

トレード・システムのコレクターになってしまったのでは、いつまでたってもトレーダーとして独立できない、と力説するポーロス氏の話を要約してみよう。

数カ月も失敗が続くと、トレーダーは常に勝てる売買方法を求めて、あれこれと様々な情報入手に懸命になる。私の世代は図書館だったが、今日のトレーダーたちはインターネットを使って、膨大な量の情報を無料または低料金で手に入れることができる。

しかし、この膨大な情報が有害なのだ。考えてみてほしい。為替ひとつを取り上げただけでも、何千というウェブサイトが存在し、あなたはこの雑多な情報をまとめて、自分自身に合ったトレード方法を作り上げなければならない。

更に、大量な情報は、あなたを混乱させることだろう。例えば、あるサイトでは移動平均線をこう使えと説明しているが、他サイトではそれとは全く正反対な使い方が説明されている。これでは、頭が混乱しても当たり前だ。

では、どうしたら良いのか?

1、先ず、あなたはデイトレードをしたいのか、数日間にわたる短期トレードをしたいのか、それとも長期投資をしたいのかを決めてほしい。

2、実績があり信用されているトレード情報源を見つけること。もしデイトレードをすることに決めたのなら、デイトレーダーの教育に定評があるサイトやセミナーを探して、その手法を徹底的に学ぶこと。情報源は、一つか二つで十分だ。

3、習った方法を使って直ぐ実際にトレードをするのではなく、先ずペーパートレードで練習すること。








コメント