金曜に米雇用統計を控えて

トレーダーたちは、どんな銘柄を見ているのだろうか?さっそくstockcharts.comへアクセスして、ティッカー・クラウド(Ticker Cloud)を調べてみた。


人気度が高いものほど銘柄のシンボルが大きく表示されるのだが、目立つのはQIDとQLDの2銘柄だ。

QIDはUltraShort QQQ ProSharesという上場投信であり、ナスダック100指数が1%下がると2%上がる仕組みになっている。

QLDはUltra QQQ ProShares と呼ばれ、ナスダック100指数が1%上がると2%上がる仕組みになっている上場投信だ。

簡単に言えば、ナスダックが下がるとき、または下がると思うならQIDを買い、反対にナスダックが上がる場合、または上がると思うときにQLDを買う。

下は、それぞれの15分足チャートだ。両方ともレンジが形成されているから、上放れで買いを計画している人たちが多いことだろう。



QID (15分足)





QLD(15分足)



コメント