面接試験の話

アメリカの失業率は10%を超え、言うまでもなく、多数の人たちが仕事を探している。不景気のお陰で、企業は積極的に雇っているわけではないから、少ない職に多くの求職者が殺到する。

実際に採用となるには、先ず履歴書などの書類選考を通過し、次に面接試験を受けなければならない。しかし、この重要な面接試験で、求職者たちはこんな間違いを犯しているという。

・ なぜ失業してしまったかということを、必要以上に説明しすぎる。

・ 失業で受けた傷を隠すことができず、明らかに犠牲者という雰囲気が漂っている。

・ ユーモアや明るさが無い。

・ この仕事が本当に欲しい、という情熱が感じられない。

・ 面接前に十分な準備をしていないから、この会社が、どんな物を製造しているかなどといった基本的な知識が無い。

・ 面接官の話をよく聞かず、自分の主張ばかりをしてしまう。

・ 自分の技術や能力を誇大化してしまう。

・ 面接で聞かれそうな質問に対する準備が無いため、少し難しい質問をされると、それに対して適切な回答ができない。

・ 私は他の求職者とは違う、という大切なことをうまく説明できないから、面接官に強い印象を与えることができない。

・ この仕事が欲しい、ということを率直に面接官に伝えることができない。 






コメント