今日のコメントから

・「米国株式市場は、複数年にわたるブルマーケットが始まった。しかし、多くの人たちは、マーケットを相変わらず懐疑の目で見ている。大型優良株を中心に、2年から3年におよぶ強力な上げ相場になりそうだ。」 --- ビル・スミード氏(Smead Capital Management)

・「昨夜、バーナンキ議長が『マーケットはバブル状態ではない』、と発言しただけでなく、副議長も同様に『バブルではない』と発言している。更に、サンフランシスコ連銀のイェレン氏も『バブルではない』と発言し、連銀は皆揃って同じことを言っている。こうも同じことを繰り返されると、マーケットはバブル状態だと思ってしまう。」 --- アート・キャッシン氏(UBS Financial Services)

・「今日の金価格は、2000年に1オンス300ドルだった頃よりも割安だ。」 --- マーク・フェイバー氏(Gloom, Boom & Doom Report) 

・「ゴールドラッシュが始まった。モーリシャス共和国が、2トンの金を国際通貨基金から購入した。もちろん、量的には、先日インドが購入した量の100分の1に過ぎない。しかし、モーリシャス共和国の人口はインドの1000分の1だ。」 --- ボブ・ピサニ氏(CNBC)

・「5%の米国納税者が60.6%の税金を払っている。2009年、47%の納税者は、連邦所得税納税義務が無い。」 --- zerohedge.com

・「読者から、こういうメールが届いた。『ゼロ金利政策が成功するという証拠は無い。しかしゼロ金利政策は、銀行家に金儲けのチャンスを与え、バブルを膨らませる効果があることは確かだ。』」 --- The Pragmatic capitalist

・「最近のテーマはドルだ。ドルが弱い日は、リスクの高い投資に資金が流れ、ドルが強い日はリスクの高い投資が避けられる。」 --- ライアン・ラーソン氏(Voyager Asset Management)




バーナンキ議長







コメント