木曜のニュースレターから

(一部抜粋)

コメント:

・ 「状況は良い方向へ向かっている。しかし、経済ファンダメンタルズの回復は遅い。」 --- ロバート・ダイ氏(PNC Financial Services Group)

・ 「新規失業保険申請件数は51万4000だった。言うまでもなく、新規というのは、初めて保険を申請する人たちを表している。この調子で、どんどん申請件数が増えていけば、遅かれ早かれ申請件数は減ることになるだろう。なぜななら、米国は失業者で溢れ、新規申請をできる人がいなくなってしまうからだ。」 --- アート・キャッシン氏(UBS)


S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートを見てみよう。



昨日に引き続き高値が更新された。Aの部分で分かるように、ボリンジャーバンドの上限バンドに張り付くようにして上昇する、バンドウォークが始まったという意見を唱えるトレーダーたちもいる。しかし、下のプット/コール・レシオ指数は、かなり低いレベルに来ているから、買いポジションを持つ場合は十分に気をつけてほしい。



プット/コール・レシオ指数


そして、もう一つ注意しなければいけないことがある。



上は、スパイダー(SPY)の週足チャートだ。50%の値戻しレベル(2007年の高値から2009年の安値で測定)に迫っているから、そろそろ売り手に用心だ。

コメント