ダウが1万ドルを突破??


ダウ指数が1万ドル台に回復した。マーケット関係者のコメントを見てみよう。

・ 「世の中は破滅しない、ということが確実になったのだから、株式市場に活気が戻るのは当然の成り行きだ。しかし、こう簡単にダウが1万ドルに戻ってしまうと、やはり株はバブル状態だ。米国経済は、まだ森の中なのだから、投資家たちは十分に気をつけないといけない。」 --- リッチ・ヤマロネ氏(Argus Research)

・ 「晩餐会は、とにかく素晴らしい。ワインも最高だ。しかし、よく見ると壁に飾られた花のように、パーティーに加わっていない人たちがいる。木が一直線に天に向かって成長することなど無い。そんなことが起きたのは、ジャックと豆の木のおとぎ話の中だけだ。バブルの行く末は豆の木と同じだ。」 --- アート・キャッシン氏(UBS)

・ 「去年の9月から今年の3月の間に、S&P500指数は、40%を超える大幅な下落を記録した。現在マーケットが展開している強力なラリーは、平均水準への回復が起きているだけにすぎない。」 --- バリー・リットホルツ氏(FusionIQ)

・ 「区切りの良い数字ということを除けば、ダウの1万ドルに大した意味は無い。そもそもダウ指数は、株式市場の状態を正確に表す指標ではない。」 --- リック・ベンシグナー氏(Execution LLC)

・ 「1万ドルの達成を喜びすぎてはいけない。とにかく更に突き進むことだ。そうでなければベア達は冬眠してくれない。」 --- グレン・ホール氏(TheStreet.com)

・ 「ダウは1万ドルを超えた。もちろん、ベアたちは色々な言い訳をすることだろうが、そんなことに耳を傾ける必要は無い。いい加減な話を作り上げて、投資家たちをマーケットから追い払うのがベアの仕事だ。」 --- ジム・クレーマー氏(Mad Money)

・ 「ダウが1万ドルに戻ったと言うが、ドル安を考慮すれば、ダウはまだ7537ドルだ。」 --- (ZeroHedge)


コメント