週末のニュースレターから

一部抜粋

コメント:

・ 「過去60年から70年という長期的なデータを調べると、タバコ、アルコール飲料、ギャンブル関連の銘柄が、毎年マーケットの成績を2.5%ほど上回っている。」 --- マーシン・カクパージック氏(ニューヨーク大学教授) 注: タバコ、アルコール飲料、ギャンブル関連の銘柄はsin stocks(罪株)と呼ばれている。下記が主な罪株。

Altria Group (MO); Lorillard (LO); British American Tobacco (BTI); Anheuser-Busch (BUD); Diageo (DEO); Molson-Coors (TAP); Wynn Resorts (WYNN)


S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



冴えない引け方だが、今のところ上昇する20日平滑移動平均線に支えられている。ストキャスティクスは売られ過ぎレベルに接近中だ。週足チャートを見てみよう。




ギャップ(赤)の突破に難航している。そしてその上には、2007年の高値から2009年の安値で測定した50%の値戻しレベル(1)も控え、利食いや空売りがあってもおかしくない場所だ。見てのとおり、アップトレンド(2)は、まだ崩れていない。


今日の統計:

(データ:連邦預金保険会社)

2009年度、米国で破綻した銀行の数は106だ。

コメント