キヨサキ氏の実行した3項目

久しぶりに、ロバート・キヨサキ氏(「金持ち父さん貧乏父さん」の著者)のコラムを読んだ。最悪の事態に備える、ということが主題なのだが、実際にキヨサキ氏がどんなことを実行したかが書かれていた。要点を抜粋してみよう。

・ 雇われの身ではなく起業家になった。資金も経験も無かったが、起業家には5つのメリットがある。

1、高収入と有利な税金。

2、経済状況が変化するたびに、新しいビジネスチャンスが生まれる。

3、自国だけでなく、外国でも起業することができる。

4、失業に対する恐怖心が無くなる。

5、ビジネスの成長に伴う収入の上昇。


・ キャピタルゲインを投資の目的にするのではなく、キャッシュフローを投資の目的にする。キャピタルゲインだけを狙った投資は、藁を使って家を建てるようなものだ。


・ インフレに備えた投資を忘れない。キャッシュフローを目的にした投資とは違い、インフレを考慮した投資の目的は、蓄えた財産を守ることにある。例をあげれば、ドルを信用していない中国は、保有するドルを使って、原油、金、銀などの商品を買っている。




キヨサキ氏





コメント