今度はジンクスを破れるか?


瞬時1オンス1000ドルを突破した金は、現在990ドル64セントで取引されている。


スポット・ゴールド(日足)(チャート:ino.com)

この下げを利用して、金を買ってやろう、と計画している人も多いと思うが、Bespoke Investment Groupは、ここが金の天井になった可能性があると言う。要点を抜粋してみよう。

CNBCのジョー・カーナン氏が、「金価格が下げてしまうこともありますから、そんな場合に備えてヘッジしていますか?」という質問をバッリク・ゴールドのCEOグレッグ・ウィルキンズ氏にした。回答は、「ヘッジはしていない。金価格は、まだまだ上げると思う」というものだった。この世界最大の金生産者の強気な言葉で、金投資家は、更に買い気になったことだろうが、ウィルキンズ氏の見方はあまりにも楽観的ではないだろうか?

こんなチャートが載せられていた。




(チャート:Bespoke Investment Group)


前回(1)、バリック・ゴールドのCEOが「ヘッジしていない」と発言したとき、そこは金価格の天井だった。そして今回(2)、同様な価格レベルで同じ発言だ。今回も、バリック・ゴールドは、金にジンクスとなるだろうか?




コメント