米国経済刺激策で恩恵を受けるのはどこの国?

米国では、キャッシュ・フォー・クランカーズ(Cash-for-Clunkers)と呼ばれる、経済刺激策が実施されている。古くなった燃費の悪い、ポンコツ大型車を自動車販売店に持って行くと、最高で4500ドルまでの払い戻しを連邦政府から受けることができる。ということで、この払い戻された金を頭金にして新車を購入する、というのがキャッシュ・フォー・クランカーズだ。 

報道によれば、14日の金曜までに、35万8851台のポンコツ車が全米の自動車販売店に持ち込まれた。では、払い戻された金で、米国消費者たちは、どんな新車を買ったのだろうか?

下記が、最も購入された新車トップ10だ。

1. Toyota Corolla

2. Honda Civic

3. Ford Focus

4. Toyota Camry

5. Toyota Prius

6. Hyundai Elantra

7. Ford Escape

8. Honda Fit

9. Nissan Versa

10. Honda CR-V

なるほど、消費者たちは古いアメ車を捨てて、トヨタとホンダに乗り換えたわけだ。



トヨタ・カローラ



コメント