二つのチャート



(チャート:Bespoke Invesyment Groupから)

上は、S&P1500指数に属する銘柄の、空売り残を示したものだ。(パーセンテージは、空売り残が浮動株を占める割合を表す。)

6.9%という、かなり低いレベルまで下げているから、マーケットはこの辺りが天井だ、という声が聞こえてくる。

もちろん、このチャートだけで持ち株を全部処分するわけにはいかないから、もう一つチャートを見てみよう。




上はニューヨーク証券取引所に上場された銘柄で、52週間の高値更新銘柄数と、52週間の安値更新銘柄数が比べられている。強い上げ基調だから、もうしばらく買い手が優勢なマーケットが続きそうな雰囲気だ。

コメント