経済回復が始まった!?

・ 世界経済は、最悪な金融危機から立ち上がり始めている。もし去年の秋、世界の中央銀行が徹底した措置をとらなければ、状況は更に悪化していたことだろう。--- ベン・バーナンキ氏(連邦準備制度理事会議長)

・ 世界の経済後退は終わり回復が始まった。 --- オリビエ・ブランチャード氏(国際通貨基金)

ということで、メデタシ、めでたし、ということなのだが、掲示板に集まった消費者たちの意見を聞いてみよう。

・ 経済学者やアナリストがしていることは、単に数字をいじくり回しているだけで、肝心な現実を無視している。彼らの興味があるのは、古臭い経済理論が正しい、ということを証明することだけだ。(TheHeidelbergerさん)

・ 住宅市場、それに雇用状況を見る限り、経済が完全に底を打ったとは思われない。(NeedMoreCowbellさん)

・ 私は、どうしても楽観的になれない。アメリカは超巨大赤字国家だ。(wrathof59さん)

・ 私が住んでいるアリゾナ州は、失業率が8.7%から9.2%に上昇した、、、(JohnQTaxpayerさん)

・ 9.2%?ワシントン州のバンクーバーの失業率は13.7%だ。(FoodBox.org さん)

・ 世界で第8位の経済力を持つカリフォルニア州の失業率は11.9%だ。この不景気は、まだ3塁に達していない。(onecentさん)

・ 不景気は終わった。それは事実だ。なぜなら、米国は不景気から恐慌へ移ったからだ。(cycloneさん)

・ 不景気が終わった、と断言できるのは、ゴールドマン・サックスの社員だけだ。(mehrmさん)

・ 不景気の予想を出来なかった専門家たちが、今度は、不景気が終わったと発表している。そんな意見に、いったいどんな価値があるのだろうか?(busyone23さん)



バーナンキ議長





コメント