どこに余分な金を使う?

日常生活を振り返った場合、米国消費者たちは、どんなものに余分な金を使っているのだろうか?代表的なものとして、kiplinger.comは10の例をあげている。

・プロティン・バー

健康的だという理由で、2ドルほど割高になるが、チョコレートの代わりにプロティン・バーを買う人がいる。しかし、含まれている砂糖はチョコレートと同じだ。

・ボトル入りの水

言うまでもなく水は大切だが、コストを考えれば、水道に浄化装置を付けた方がずっと経済的だ。

・コーヒー

スターバックスやダンキン・ドーナツでコーヒーを買うと、一杯当たりの値段は約1ドル65セントほどになる。グルメコーヒー豆を買って自分で作れば、一杯当たりの値段は20セントから33セントだ。

・ミュージックCD

好きなミュージシャンだからといって、CDに入っている曲が全て気に入るとは限らない。CDに18ドル使うよりも、アマゾンから1曲79セントでダウンロードした方が得だ。

・映画

2人で映画を見に行くと、少なくとも20ドルはかかる。ベビー・シッターを雇えば、更に余分な経費が必要になる。Netflixなら、映画2本を5ドルで見れる。

・花

花屋で花を買うと、簡単に25ドル以上かかってしまう。しかし、スーパーマーケットに行けば、同じ花を半額で買うことができる。

・果物/野菜

既にサラダ用に切られた野菜は割高だ。

・クレジットカード料金

毎月の支払い期限を守ろう。支払いが遅れると、約39ドルの延滞料金を取られてしまう。

・ATM料金

自分の銀行以外のATMから金を引き出すと、平均で3ドル43セントのサービス料金を取られる。これを毎週1回、1年間繰り返すと、ほぼ180ドルが無駄になる。

・小包

郵便局で用意された箱を使えば、重量に関係なく、小包を10ドル35セントで米国内のどこへでも送ることができる。宅配便の約半額だ。




(プロティン・バー)





コメント