この状況で自信を持つべきだろうか?

トレーダーにとって大切な要素の一つ、「自信」についてブレット・スティンバーガー氏が書いているので、さっそく要点を見てみよう。

・行き過ぎた期待をすることは自信の喪失につながる。

トレードで負けることは許されない、といった考え方が頭の中にあるなら、ルールどおりの損切りも失敗だ。このような完璧主義は、損ばかりに焦点を合わせる結果となり、トレーダーを心理的敗者にしてしまう。

・先ず、自分自身に、こう質問してみよう。「この状況で自信を持つべきだろうか?」

値動きを適切に把握できず、半信半疑な状態なら、自信を持てなくても当然だ。逆に言えば、そんな時はトレードをしないこと。

・自分自身の声を聞いてみよう。

自信を持ってトレードすべき時に、自信が持てない理由は、否定的なことを自動的に考えてしまうことが原因となっていることが多い。このような悪い癖を打ち破るには、自分が今何を考えているか、ということに常に注意を払う必要がある。頭の中だけで考えるのではなく、思っていることを口に出して言ってみよう。できれば録音してみると良いだろう。自分の思っていたことを後で聞いてみることには、思わぬ効果があるものだ。








コメント