一斉の損切り


「uha為替 ドボン」 tachikenさん

「為替93円も切った。1円の円高に30分かかってない。朝には90円まで行ってるかも。」 biaslookさん

お二人とも、ツイッターに同じことを書き込んでいる。ということで、早速ドル/円のチャートを見てみた。



(ドル/円 15分足)

ドルが急落している。いったい何が起きたのだろうか?YOMIURI ONLINEは、こう説明している。

「8日のニューヨーク外国為替市場は、4~6月期の米企業業績で減益が続くとの見方から、円買い・ドル売りの動きが強まり、円相場は一時、前日比2円以上円高・ドル安の1ドル=92円台前半まで上昇した。」

ということなら、ドルはユーロや英国ポンドに対しても安くなっているのかと思ったが、逆にドルは強くなっている。



(ユーロ/ドル 15分足)

ユーロが下げている。



(英国ポンド/ドル 15分足)

ポンドが売られている。

それでは、ユーロ/円、英国ポンド/円を見てみよう。



(ユーロ/円 15分足)

ユーロが下げている。



(英国ポンド/円 15分足)

ポンドが売られている。

ということで、徹底的に円が買われているわけだが、ブルームバーグの報道から3点拾ってみよう。

・ 米企業収益は更に後退する、という見方が主流になり、トレーダーたちは想定していた円安シナリオを捨てた。

・ 「皆、この円の動きに大変驚いている。正に、決算シーズンが猛烈な勢いで始まったわけだ。」 --- ジャック・アイルズ氏(MFC Global Investment Management)

・ 「93.5円付近に、たくさんの損切り注文があったから、このレベルを割ってからの円の動きは急激なものとなった。円は100円に向けて動く、という円安を予想する声が多かっただけに、今日のこんな動きでは投資姿勢を変えるしかない。」 --- ショーン・オズボーン氏(TD Securities Inc)









NWTのツイッター: http://twitter.com/nwtllc


コメント