週末のコメントから

・「第二次大戦後、ベアマーケットにおける一時的な上昇相場の上げ幅は、平均で42%だ。」 --- ドナルド・セルキン氏(National Securities)  (3月の安値から6月の高値で計算すると、S&P500指数は43%ほど既に上げているから、セルキン氏は、ここからは大した上げに期待できないと言う。)

・「最近発表される経済データは、以前ほど悪くない、といった内容だ。しかし、予想以上に素晴らしい、と本当に言えるデータだが発表されないかぎり、マーケットは横ばいゾーンから抜け出すことはできないだろう。」 --- ポール・ノルテ氏(Hinsdale Associates)

・「徹底的に悲観的な意見が、あまり聞かれなくなってしまったのが気になる。こんなにベアたちがおとなしい状態では、横ばいマーケットが、もうしばらく続きそうだ。」 --- ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)

・「中国政府は、中国の国内総生産は健全な状態だと言うが、下のチャートを見る限る、そんな結論を引き出すことはできない。」 --- (wallstcheatsheet.com)



・点線は中国のGDP。

・赤は中国の電気出力量(電気生産量)。




コメント