マーケット関係者たちのコメント

・「間違いなく米国経済は回復の兆しを見せている。しかし投資家たちは、更なるマーケットの上昇を期待するのではなく、しばらく横ばいになることを予想しているようだ。」 --- フィル・オランド氏(Federated Investors)

・「年末までに、S&P500指数は1100に達することだろう。(現在918)経済は明らかに好転している。」 --- スティーブン・ロイトホルト氏(Leuthold Core Investment Fund)

・「経済の回復は保証されている。今回の不景気も含めて、1892年から2009年までの間、米国は24回の不景気を経験した。過去23回の不景気の後には景気の回復が訪れ、今回も同様な結果になる筈だ。」 --- ボブ・アウアー氏( Auer Growth Fund)

・「予想以上の収益、そしてアナリストによる格上げ、という図式がまだ実現していない。それが現実にならない限り、本当のブルマーケットが到来した、と断言することはできない。」 --- ジェフ・ナイト氏(Putnam Investments)

・「需給状況を考慮すれば、今日のガソリン高は理解できない。下げ始めるのは時間の問題だ。」 --- マイケル・リン氏(Energy & Economic Research)

・「経済後退速度が鈍っているからといって、それが資源需要増大に結びつく、と簡単に結論するのは間違っている。現在のエネルギー価格は、ファンダメンタルズを適切に反映していない。」 --- マイケル・フィッツパトリック氏(MF Global Ltd)

・「彼らのバカさ加減には呆れてしまう。株主と国民に救われたにもかかわらず、彼らは反省するどころか、相変わらず特典を見せびらかせている。」 --- グレン・ホール氏(TheStreet.com)(大手金融機関最高経営責任者に対するコメント)

・「ボラティリティ指数が30を割った。この下げ基調が意味することは、投資家のマーケットに対する恐怖心が薄らいでいるということだ。」 --- Bespoke Investment Group(金曜のレポートから)













コメント