二つの国債上場投信



iShares Barclays 20+ Year Treas Bond (TLT 日足): 長期米国債に連動する上場投信

先週の安値からプルバックが進み、レジスタンスになる可能性がある、20日移動平均線が直ぐ頭上に迫っている。二つの矢印で示したように、出来高を減らしながらの上げだから、買い手が積極的に参入しているわけではない。

というわけで、この上場投信は空売り候補なのだが、TLTは借りるのが難しいから空売ることができない。そこで注目したいのがUltraShort 20+ Year Treasury ProShares (TBT)だ。


TBTの日足チャート

UltraShort 20+ Year Treasury ProShares (TBT)は、長期米国債が下がると上がる仕組みになっている上場投信だから、TLTを空売りしたいときに買うことができる。更にTBTは、長期国債が1%下がると2%上がるように作られているから、トレーダーたちにも人気がある。

さて、現在TBTは、上昇する20日移動平均線に接触し、そろそろ反発の可能性がある。矢印で分かるように、最近の下げは出来高を減らしながらだから、徹底的に売られているわけではない。


コメント