金を節約したければペットを飼え?

・研究結果によれば、犬を飼うことは体や気分をリラックスすることに役立ち、心臓の鼓動数を下げる効果もある。したがって、高血圧対策にもなるから心臓発作を防ぐことができ、それに関連した医療費を節約することができる。(猫を撫でることも血圧を下げる、という研究結果もある。)

・病気の回復が早い。アメリカン・ジャーナル・オブ・クリティカル・ケアによると、心臓麻痺の後、犬と接触することはストレス・ホルモンを下げる効果があるため、病気の回復が早くなる。ということで、これも医療費の節約に結びつく。

・UCLAの調査によると、ペットはストレスの解消に役立ち、更に病気に対する免疫力を高める効果があるから病院に行く回数が減る。

・ペットはコレステロールの低下に役立つ。疾病対策センターの報告によれば、ペットは血圧に好結果となるだけでなく、コレステロールを下げるという効用もある。

・肥満対策。犬を飼っている人たちは、犬と散歩することが多くなるため、適度な運動をすることができる。言うまでもなく、適度の運動は健康な生活に欠かせない一要素だ。

・一人暮らしの人たち、特に一人暮らしの高齢者の精神衛生にペットは最適。話し相手が無く淋しい、といった状態が続くと鬱的な気分になってしまうが、ペットはそんな暗い気分を晴らしてくれる。ペットを飼っている人は長生きする、という報告もある。

・犬を飼っている人は夫婦喧嘩が少ない。喧嘩が頻繁になれば、とうぜん離婚という可能性がある。言うまでもなく離婚は高くつくものだ。







コメント