7つの確かな事

自信を持って言える事として、二日前のブログで、ハワード・リンゾン氏(ヘッジファンド・マネージャー)は、こんなことを挙げていた。

・米国消費者は破産状態だ。

・我々米国民は、長期間にわたって、必要以上の統治を連邦政府から受けることになる。

・金融界のスーパーパワーという米国のステータスは崩れ去った。

・アップルとアマゾンによる家庭電化製品市場の独占は、これからも長期にわたって続く。

・我々の世代だけでなく子どもたちの世代も含めて、石油の消費を完全にストップさせてしまうような、強力な代替エネルギーが台頭することはない。

・食品、住宅、エネルギー価格は乱高下を繰り返して上昇していく。

・商業用不動産市場は、大きな金利再設定に直面する。




ハワード・リンゾン氏





 

コメント