アメリカは日本ではない!?

ジム・クレーマー氏、水曜の「マッド・マネー」で、「アメリカを日本と比較するな」と視聴者に訴えた。要点はこうだ。

・1989年から2008年までに82%の下落となった東京株式市場を、今日のアメリカと比べることは馬鹿げている。我々は日本とは違い、90年代に日本が犯した間違いを繰り返すことはない。

・今朝のGDPは重要ではない。肝心なことは、第1四半期の個人支出は+2.2%だったということだ。日本の場合は、個人消費が完全に止まってしまった。

・日本は銀行を救ったが、救う必要の無い銀行も救った。アメリカの場合は、ダメなものは破綻させた。

・決定的な違いは人口だ。1980年から2008年までに、日本の人口は、たった8%しか伸びず、近いうちにマイナス成長になることが予想されている。この間、アメリカの人口は34%増となり、経済成長に大きな好影響となった。

・更に、日本の平均年齢は44才、アメリカは36才で分かるように、日本社会は高齢化が進んでいる。

アメリカはダメなものは破綻させた??? 冗談も休み休み言ってほしい。大切な国民の金を使って、救う必要の無いバンク・オブ・アメリカやシティグループを救済したのは、一体どこの国だ。




クレーマー氏






コメント