金の買いチャンス?

下は、金価格に連動する、SPDR Gold Shares (GLD)の日足チャートだ。


見てのとおり、ここ2カ月間ほど下げが続いているが、ラリー・エーデルソン氏(ファイナンシャル・アドバイザー)は、こんな説明をしている。

「国際通貨基金(IMF)が、金の売りを計画している、という報道が下げ原因となったようだ。IMFが予定しているのは、単に400トンほどだから、金の長期トレンドに大きな影響を与えることはないと思う。それに、これはあくまでも予定であり、最終的な許可がおりたわけではないから、全く売却しないという可能性もある。どちらにしても重要なのは、金は長期的なアップトレンドであり、この下げは買いチャンスだ。」

それでは、日足ではなく週足チャートを見てみよう。



Aの安値からBの高値で測定すると、今のところ、38.2%の値戻しレベルがサポートになっている。パラメーターを14に設定したRSI(C)は既に上向きになり、下降するトレンドライン(D)を突破できるかに注目したい。







コメント