これでは、やる気を失ってしまう


・副支店長を1000人減らす。

・8000人のシニア・セールス・スタッフを平のセールス・スタッフに降格して、給料を25%から50%削減する。

上記は、15日に報道されたベスト・バイの決定だ。 

ベスト・バイ(Best Buy)はミネソタ州に本社を置く家電製品小売店チェーンの最大手。2008年3月1日時点で、ベスト・バイは米国に923店舗、カナダに51店舗、そして中国に1店舗を経営する。(ヤフー・ファイナンスより)

このニュースを聞いて、ベスト・バイを追うモーニングスター社のアナリスト、ブレーディー・レモス氏はこう語っている。

「破綻したサーキュット・シティー(ベスト・バイと同業)は、致命的な間違いを犯した。経営陣は、経験のあるセールス・スタッフを首にし、残った店員たちは完全にやる気を失ってしまった。同様な結果を招かないように、ベスト・バイは十分に注意しないといけない。」

consumerist.comの掲示板を見てみた。

・「ベスト・バイの終わりが始まったような気がする。」 Zclyh3さん

・「先日ベスト・バイにマウスを買いに行った。店内はガラガラで、店員の数も少なかった。こんな状態だから、開いているレジも一つだけだった。」 Eldritchさん

・「ベスト・バイの決定は当然のことだと思う。店長、副支店長だけでなく、シニアという肩書きを付けて、それぞれの部門に責任者がいるのだから、ベスト・バイには必要の無い職が多すぎる。」 MrFreshyさん




ベスト・バイの週足チャート





コメント