トレード心理学の応用


ひょんなキッカケで、村居孝美氏のサイト(Excellent Horse)に、月2回記事を書くことになった。Excellent Horse、と聞いたら競馬予想のサイトと思われるかもしれないが、れっきとした個人投資家向けのトレーダー教育サイトだ。

氏のサイトにアクセスすると、「セミナー」、「プライベートレッスン」、「ブレイクアウトシステム」と様々な項目が出てくる。当然ここで疑問になることは、他のトレードセミナーと村居氏のセミナーに、決定的な違いはあるのだろうか?

個人的に、私は村居氏に会ったことは一度もない。しかし、こんなことが氏のサイトに記されていた。

平成20年、日本で初めてトレーダープログラムとNLP心理学を融合した「NLPトレーダーコーチング」を確立。日本でNLPスキルを使った投資家心理トレーニングの第一人者。これにより初心者を含む多くの個人トレーダーが正しい方向に軌道修正し劇的な変化を遂げ、ゴールすることに成功している。

なるほど、これが村居氏のセミナーの決定的な違いだ。トレード手法を教えるセミナーは沢山あるが、トレード心理を説明し、更に感情のコントロール方法を指導してくれるセミナーは少ない。

実際に自分の資金でトレードをすることは、かなりの心理的負担になり、失敗は直ぐに口座残高の減少に結びつくわけだから、精神的なタフさが無いと継続できない。

トレードがうまくいかない、と嘆いている人たちからの相談をよく受けるが、話を聞いてみて分かることは、皆さまざまなトレード手法を知っている。言い換えれば、これらの悩むトレーダーに必要なのは新しいトレード手法ではなく、心理面で引っ張ってくれるコーチだ。

村居氏のNLPトレーダーコーチングセミナーでは、次のようなことが学べる。

・自分に合った戦略を確立できる能力
・自分の感情やモチベーションをコントロール
・具体的で明確な目標設定
・自分の望む結果が得られるまで、決意と柔軟性を持って行動し続ける行動力
・自分の成功パターンをみつけ成功に導く方法

なかなか面白そうな内容だ。

アメリカに、投資心理の研究で有名な、ブレット・スティンバーガー氏という臨床心理学者がいる。氏は単なる学者ではなく、自らもトレードをし、トレーダーのコーチとして活躍している。かなり前になるが、氏はこんなことを言っていた。「優秀なトレーダーは、マーケットに対する情熱がある。うまくいっていないトレーダーは、トレード手法だけに興味がある。」




(スティンバーガー氏)



コメント