投稿

9月, 2008の投稿を表示しています

グーグル、終了間際のハプニング

イメージ
下は、グーグル(GOOG)の1分足チャートだ。終了間際の4分間に注目してほしい。




1、15時57分:高値 483.63、安値 404.04、 出来高 453845

2、15時58分:高値 438.00、安値 41.45、 出来高 444277

3、15時59分:高値 414.15、安値 250.02、 出来高 427532

4、16時: 高値 360.00、安値 323.00、出来高 117242

グーグルが41ドル45セント?本当に、そんな値段で売買されたのだろうか。タイム・アンド・セールスで取引を振り返ってみよう。




A、15時58分: 41ドル45セントで100株

B、15時58分: 41ドル45セントで200株

マーケット終了後、ナスダックは、グーグルの一部の取引を無効にすると発表した。ロイターから引用しよう。

「ナスダックからの説明によると、他の証券取引所から転送されてきたオーダーが原因となって、突然グーグルの株価が急落した。そのためナスダックは、午後3時57分から4時2分までのグーグル取引で、425ドル29セント以上、そして400ドル52セント以下で執行された売買を全て無効にすることを決定した。更に、ナスダックは、この決定に対する抗議を一切受け付けないことも付け加えた。」

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートへ移ろう。



反発ラリーを展開して、ほぼ高値引けとなった。もちろん、下降基調における安値からのプルバックだから、上昇の勢いが弱ったところが空売りのタイミングになる。

個別銘柄を見てみよう。



Jos. A Bank Clothiers Inc. (JOSB) 日足

上昇するトレンドラインから跳ね返り、20日移動平均線の上に戻って引けた。続伸に期待できそうなパターンだ。



Praxair Inc. (PX) 日足

マーケットの反発ラリーに参加することなく、冴えない引け方になった。月曜の安値がテストされそうだ。




(walletpop.comから)

質問: あなたは何枚のクレジットカードを持っていますか?

回答:

・1枚から2枚  36% ・3枚から5枚  33% ・6枚またはそれ以上 20% ・0枚  11%

総回答数:2059

ボラティリティ指数

イメージ
maoxian.comに、歴史的に見た、ボラティリティ指数の推移が載っていた。




今日の記録的な下げで、ボラティリティ指数は、極端に高いレベルに達している。

もしろん、この指数だけで判断はできないが、少し何か買ってみよう、と心が動いた人はいるはずだ。

NY、ここ21年間で最大の下げ幅

イメージ
米下院は、7000億ドルの金融安定化法案を否決し、ダウ指数は、ここ21年間で最大の下げを記録した。

下は、CNBCからの調査結果だ。(http://www.cnbc.com/id/26944410



質問:法案の否決は正しいでしょうか?

はい  46% いいえ  44% 分からない 9.5%  (総回答数:69441)

法案の通過なしで、米国の銀行は再建できない。銀行株指数は、何と20.82%の暴落になった。

もちろん、ナスダックも大幅下落となったが、主な銘柄を見てみよう。

・インテル:マイナス10.1%。2年ぶりの安値。 ・ヤフー:マイナス10.8%。5年ぶりの安値。 ・デル:マイナス9.4%。10年ぶりの安値。 ・サン・マイクロシステムズ:マイナス11.7%。13年ぶりの安値。

http://blogs.barrons.com/techtraderdaily/2008/09/29/how-low-can-things-go/


ダウ指数の5分足チャートを見てみよう。




2時少し前(A)、法案否決のニュースが流れ、ダウは大きくブレイクダウンした。よく見ると分かるが、ブレイクダウンの後、ダウ指数は一旦割ったサポートラインまで戻している。言い換えれば、ブレイクダウンを逃した人たちは、プルバックしたところで空売ることができた。(注:騙しのブレイクアウトやブレイクダウンに巻き込まれないように、トレーダーの中には一回目のブレイクで出動しないで、プルバックを待つ人たちがいる。)



プット/コール・レシオ指数

マーケットの大幅下落で、プット・コール・レシオは1.38の超弱気レベルに跳ね上がった。普通の状態なら、そろそろ買いの準備だが、下のS&P500指数の日足チャートで分かるように、これだけマーケットが大きなダメージを受けてしまうと、傷が治るにはかなりの時間がかかる。



S&P500指数: マイナス8.81%  

Bespokeのサイトに、こんなヘッドラインがあった。

「7460億ドルの損害、おめでとう下院議員の皆さん!」

そして、こう説明されている。

「議会が7000億ドルの金融安定化法案を否決したことで、S&P1500指数は、7460億ドルに及ぶ時価総額を失った。」(注:聞きなれない指数だが、S&P1500指数は本当に存在する。http://finance.yahoo.com/q?d=…

週末が終わった

イメージ
報道されているように、日曜朝、米政府は、7000億ドルの公的資金を投入する、金融安定法案がほぼ合意となった。

AOLに、こんなオンライン・アンケートがあった。



質問:米国が金融危機から回復するには、どの程度の期間が必要だと思いますか?

回答:

・数年以上  42% ・数年以内  27% ・分からない 20% ・1年以内  11%

総回答数: 207204

次の質問



・あなたは、金融安定法案を支持しますか?

いいえ 58%

はい  42%

総回答数: 185525


S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の週足チャートを見てみよう。



1、チャンネルの方向で分かるように、ダウントレンドに変化は無い。

2、以前のサポートライン(青)が抵抗線になった。


下は、プット/コール・レシオだ。



楽観的な0.80から上昇して、金曜、数値はニュートラルを示す1.01で終了した。明らかに、投資家たちは、金融安定法案の内容が気になり、強気にも弱気にもなれなかったようだ。


個別銘柄を一つ見てみよう。




Radian Group Inc. (RDN) 日足

上昇するトレンドラインから跳ね返り、ほぼ高値引けとなった。200日移動平均線(赤)突破で買う方法がある。



いい加減な格付け会社

世界最大の格付け会社ムーディーズ、それにS&P社は、全くいい加減な方法で格付けをしていました。

全ては最高のAAA」、と題してUSマーケット・ウォッチにアップしたので、ご参照ください。

大幅下落の新築住宅販売件数

イメージ
8月分の新築住宅販売件数は、一年前の70万2000件(季節調整済み年率換算)を34.5%下回る、46万件という結果だった。

地域別では、北東部の販売件数は31.9%減、西部は36.1%減、南部は2.1%減、しかし中西部は7.29%増だった。

中間価格は、7月の23万4900ドルから22万1900ドルに下落した。

それでは、建築銘柄に投資する上場投信、SPDR S&P Homebuilders (XHB)の日足チャートを見てみよう。



冴えない住宅販売件数ニュースとは反対に、XHBは上昇する50日移動平均線から跳ね返ってチャンネルの中に戻った。強気なチャートパターンだが、下は週足だ。




今日買った人たちは、抵抗線(青)付近で利食いを予定していることだろう。

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



反発ラリーを展開したが、火曜の高値を突破することはできなかった。


個別銘柄を一つ見てみよう。



Bunge Ltd. (BG) 日足

下降する20日移動平均線の下にベアフラッグが形成されている。売り候補リストに入れておこう。



クイズ: 下の写真は誰でしょうか?





正解






サラ・ペイリン氏(副大統領候補)


良い週末をお過ごしください。


IBMも空売りはダメ

イメージ
24日、ニューヨーク証券取引所は、既に発表された空売り禁止金融銘柄リストに、更に下記の12銘柄を追加した。

1、MHS  Medco Health Solutions, Inc.
2、ABR  Arbor Realty Trust, Inc.
3、DDR  Developers Diversified Realty Corporation
4、HRB  H&R Block, Inc.
5、IBM  International Business Machines Corporation
6、MFA  MFA Mortgage Investments, Inc
7、ASI  American Safety Insurance Holdings, Ltd.
8、LFG  Landamerica Financial Group Inc.
9、PHH  PHH Corporation
10、BAP  Credicorp, Ltd.
11、LXP  Lexington Realty Trust
12、BEE  Strategic Hotels & Resorts, Inc.

二つ指摘したいことがある。

先ず、1番のMedco Health Solutions, Inc.は薬剤給付管理会社だから、金融銘柄ではない。

次は5番目のIBM。たしかに、IBMにはファイナンス部門があるが、誰が見てもIBMはテクノロジー銘柄だ。

ニューヨークにトヨタ(TM)も上場されているが、トヨタにもファイナンス部門があるから、これもいずれは空売り禁止になるのだろうか?

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



火曜の安値を割る場面もあったが、弱いラリーを展開して、118ドル93セント、+0.32%で終了した。下は15分足だ。



レンジが形成され、方向性を欠く一日だったことが分かる。

個別銘柄を一つ見てみよう。



Express Scripts Inc. (ESRX) 日足

50日移動平均線から跳ね返り、19日の高値に挑戦できそうだ。





AOLから

質問: あなたは、オイルまたは他の商品に投資していますか?

いいえ  73%

はい  27%

総回答数 1411



面白い!!

このページにアクセスしたら、左下のビールをクリックしてください。

やはり、酔うと視覚障害が起きるようです。

ウォーレン・バフェット氏、ゴールドマン・サックスに50億ドル投資

イメージ
7000億ドルの経済救済案に関して、議会ではバーナンキ氏(連邦準備制度理事会議長)、そしてポールソン氏(財務長官)に鋭い質問が向けられている。

バリー・リットホルツ氏が、「ポールソン氏とバーナンキ氏への14の質問」というコラムを書いているので、少し抜粋してみよう。

1、お二人とも、住宅問題や今回の金融危機について、ほぼ完全に見方が間違っていましたが、どうしたら私たちは、提案されている経済救済案が適切であると確信することができますか?

2、不良不動産担保証券を金融機関から買い取るということですが、全く取引されていないダメな証券に、いったいどのくらいの金を払うのですか?

3、お二人は、空売りをされたことがありますか?自由市場を唱えるアメリカが、空売りを禁止するというのは、どんな意味があるのでしょうか?

12、救済案には外国の銀行も含まれていますが、米政府は、なぜ外国の金融機関まで面倒を見る必要があるのですか?

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



これで3連敗。先週の安値に接近中だ。15分足も見てみよう。



1-2-3ボトムが出来上がる可能性がある。2の高値突破が買いシグナルになる。

個別銘柄を見てみよう。



Clorox Co. (CLX) 日足

サポートラインのテスト中だ。反発候補リストに入れておこう。



Weatherford International Ltd. (WFT) 日足

下降する20日平滑移動平均線が壁になり、ほぼ安値引けとなった。先週の安値がテストされそう。


火曜のマーケット終了後、ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイがゴールドマン・サックスに50億ドル投資すると発表した。時間外取引で、ゴールドマン・サックスは7.4%の上昇だ。このニュースで、水曜は金融銘柄が買われる可能性がある。



午後のラジオ

悩み事相談の番組だった。

電話で、カウンセラーに相談する、という形式なのだが、相談者はこう言った。

「私は、ハリケーンで家を失いました。こんな私に、周囲の人たちは、全く思いやりを示してくれないのです。」

これに対して、カウンセラーは、こう返答した。

「私にも似た経験があります。小学生の頃でした。突然の事故で、私は大好きだった母親を失いました。でも、近所の人たちは、いつものように楽しそうに暮らしています。私がこんなに悲しんでいるのに、誰も私の気持ちを分かってくれません。」

きびしいカウンセラーだと思った。「甘ったれるな!世の中は、自分を中心に動いているわけじゃないのだぞ。」私は、そう理解しました。

オイル急騰

イメージ
先ず、ロイターのヘッドラインから見てみよう。

「原油16ドル高、一日の上げ幅では史上最高」

なぜ、突然こうも上がったのだろうか?ポール・ハリス氏(バンク・オブ・アイルランド)が、「米国の金融危機救済策がオイル市場のムードを一転させた」、と語っているように、どうやら資金の避難場所として原油が選ばれたようだ。

フィル・フリン氏(アラロン・トレーディング)は、こう述べている。

「特に、午後のオイル価格の急騰は、大手ファンド会社が一気に空売りポジションを買い戻したことが原因になったようだ。」

247wallst.comは、こう書いている。

「月曜のロイターの報道によれば、サウジ・アラビアはオイルの供給量を9月1日から減らしている。数週間前、サウジ・アラビアは、他のOPEC諸国のようにオイルの減産をするつもりはない、と言っていたのに、早くもその言葉を忘れてしまったようだ。」

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



50日平滑移動平均線が壁になり、SPYは長めの陰線を形成して、ほぼ安値引けとなった。しかし、極端に減った出来高で分かるように、狼狽売りという雰囲気ではなかった。

個別銘柄を一つ見てみよう。



Priceline.com Inc. (PCLN) 日足

50日平滑移動平均線が難関になり、これで2連敗。先週の安値がテストされそうだ。





(AOLから)

質問:今日の原油の急騰は、単なる一時的なものでしょうか、それとも、この上げは続くでしょうか?

回答:

・上げは続くと思う  55%

・これは一時的な上げだと思う  45%

総回答数: 4196


ETF(上場投信)を利用しよう

イメージ
イギリス、アメリカ、カナダに続いて、日曜、オーストラリアは上場された全銘柄の空売り禁止を発表した。次は、どこだろうか?日本?

(Iさんが、既に皆さんにメールでお知らせしたように、米証券取引委員会(SEC)は、799の金融銘柄を空売ることを禁止した。対象になる銘柄リストは、下記を参照してほしい。 http://www.sec.gov/rules/other/2008/34-58592.pdf

言うまでもなく、空売り禁止、そして7000億ドルに及ぶ救済プランで最も恩恵を受けるのは金融セクターだ。下の日足チャートを見てほしい。




証券株指数:+16.89%



銀行株指数:+12.62%



上のプット/コール・レシオで分かるように、空売り禁止と政府の経済救済計画で、数値は超弱気レベルから超強気レベルに一転してしまった。皆が皆、揃って強気なのだから、言うまでもなくマーケットは買われ過ぎだ。

個別銘柄の空売り規制で、空売りがやりにくい状態だが、こんな時こそウルトラ・ショート上場投信に注目してほしい。いくつか例を挙げよう。(上場投信は、株と同様に取引できる。)




UltraShort Dow30 ProShares (DXD) 日足

DXDは、ダウ指数が1%下がると2%上昇する仕組みになっている。(ダウが下がると思うならDXDを買う。)

金曜、DXDはギャップダウン、そして200日平滑移動平均線を割ったが、長い下ヒゲで分かるように、一転反発してほぼ高値引けとなった。



UltraShort S&P500 ProShares (SDS) 日足

SDSは、S&P500指数が1%下がると2%上昇する仕組みになっている。(S&P500指数が下がると思うならSDSを買う。)

この日足も、DXDと同様に、出来上がったのは陽線だ。



UltraShort QQQ ProShares (QID) 日足

QIDは、ナスダック100指数が1%下がると2%上昇する仕組みになっている。(ナスダックが下がると思うならQIDを買う。)

上昇する50日平滑移動平均線がサポートになって、陽線を形成して終了した。




UltraShort Financials ProShares (SKF) 日足

金融銘柄の空売りが禁止されているが、SKFの利用で、金融セクターを空売るのと同じ結果を得ることができる。SKFは、ダウ金融株指数が1%下がる…

中国の話題

「異臭あんこ、従業員が味見し嘔吐 『中国から輸入』と業者 」 

19日午後3時ごろ、長野市南高田、食品製造会社丸生本店で、男性従業員(36)と女性従業員(35)の2人が、仕入れたあんこから刺激臭がしたため味見をした直後に嘔吐や手足のしびれを訴えた。2人は市内の病院で治療を受けたが、症状は軽く命に別条はないという。 (NIKKEI NET


先ほどUSマーケット・ウォッチを更新しました。

ご参照ください。

年末までに米国経済は良くなる、それとも悪くなる?

イメージ
凄まじい乱高下だ。barrons.comから引用しよう。

・今日(木曜)、インテルは+3.8%、昨日はマイナス4.8%だった。

・今日、アップルは+4.9%、昨日はマイナス8.6%。

・今日、IBMは+3.3%、昨日はマイナス4%。

・今日、グーグルは+5.9%、昨日はマイナス6.4%。

・今日、アマゾンは+6.9%、昨日はマイナス9.1%。

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。



膨大な出来高だ。力強いラリーを展開して、SPYは、ほぼ7月の安値レベルまで戻して終了した。続伸に期待できそうなパターンだが、二日前の大陽線に後続が無かっただけに、投資家たちは半信半疑といったところだろう。

下は、SPYの5分足チャートだ。



マーケットは1時に底を打ち、1時5分に大陽線(A)を形成した。何が起きたのだろうか?三つのニュースあった。

1、英国の金融取締り機関が、金融銘柄の空売り禁止を発表した。

2、ニューヨーク州検事総長事務局は、金融銘柄空売り禁止を実現させたい、という意見を発表した。

3、何社かの米国年金ファンドが、金融銘柄の貸し出しを止める、と発表した。

言うまでもなく、買い手が金融株に殺到した。下は、シティグループと、モルガンスタンレーの5分足チャートだが、見てのとおり、両銘柄とも1時に底を打って、反発ラリーを開始した。



シティグループ(C)



モルガンスタンレー(MS)

もう一つチャートを見てみよう。



Kohl's Corp (KSS) 日足

ボリンジャーバンドの下限バンド、そして50日単純移動平均線が支えになって、反発ラリーを展開した。狙いは上限バンドだ。




AOLから

質問:年末、米国経済はどうなっていると思いますか?

・今よりも悪くなっていると思う  44%

・今よりも良くなっていると思う  38%

・今とほとんど変わらないと思う  18%

総回答数  5123

良い週末をお過ごしください。