投稿

6月, 2008の投稿を表示しています

きびしいデトロイト

イメージ
火曜のマーケットで注目されるのは、6月分の自動車販売台数だ。下記の数値で分かるように、アナリストは、大幅な減少を予想している。

・ゼネラル・モーターズ(GM):前年度の同時期を25.2%下回る、24万台が予想されている。

・フォード(F):前年度の同時期を24.8%下回る、18万1000台が予想されている。

・クライスラー:前年度の同時期を31.2%下回る、12万6000台が予想されている。

・トヨタ(TM):前年度の同時期を11.7%下回る、21万7000台が予想されている。

・ホンダ(HMC):前年度の同時期を4.0%上回る、14万7000台が予想されている。

(247wallst.com)

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートに移ろう。




ほぼローソク足の真ん中の終了で分かるように、方向性の無い一日となった。週足チャートもチェックてみよう。



サポートラインは無事だ。

個別銘柄を2つ見てみよう。



PNC Financial Services Group Inc. (PNC) 日足

ベアフラッグからブレイクダウンした。売り候補リストに入れておこう。




FMC Technologies, Inc. (FTI) 日足

先週の安値がサポートになり、一転反発した。続伸に期待できそう。



(CNNマネーから)

質問:もし、あなたが今日失業した場合、現在の預金残高で何カ月間生活することができますか?

回答:

・3カ月から6カ月  26% ・6カ月から12カ月  12% ・少なくとも1年間  25% ・預金は無い 36% 

総回答数 50086



既にベアマーケットの金融セクター

イメージ
テレビでは、米国株式市場はベアマーケットに陥るだろうか、と議論されているが、金融株は既に深いベアマーケットに転落している。

下は、金融銘柄に投資する上場投信XLFの日足だが、これ以上明確な下げ基調はない。

今週のマーケットに注目

イメージ
さて、新しい週が始まります。週末は、ゆっくりと休憩できましたか?

今週の金曜(4日)は、アメリカは独立記念日で祭日となり、前日3日のマーケットは通常より3時間早く終了になります。ご注意ください。

それでは、S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートから見てみましょう。



1:20日移動平均線 (短期移動平均線)

2:50日移動平均線 (中期移動平均線)

3:200日移動平均線 (長期移動平均線)

丸で囲いましたが、20日移動平均線が、上から下に50日移動平均線をクロスしたため、三本の移動平均線の並び方は下から短期、中期、長期の順番になり、完全なダウントレンドが示されています。

それでは、移動平均線を外してみましょう。



高値(青)、安値(赤)とも右下がりになりダウントレンドの定義が表れています。

次は、スパイダーの月足チャートです。



Aで分かるように、既に一段低い高値が形成されています。ここが重要です。もし、Bの安値が割れると、より低い安値が出来ることになり、月足チャートもダウントレンドになります。ですから、今週のマーケットは、とても重要なマーケットです。

これは、ナスダック100指数に連動する、QQQQの日足チャートです。



スパイダーほど悪くないですが、同じ状況です。一段低い高値(A)が形成され、Bの安値を割ると下げ基調入りが確認されることになります。

マーケット関係者が心配しているのは、Bはサポートにならない可能性があるからです。説明しましょう。



これは、ダウ指数に連動する、ダイヤモンド(DIA)の月足チャートです。見てのとおり、Bの安値を割って明確なダウントレンドになっています。マーケット関係者が心配しているのは、ナスダックやS&P500指数が、ダウを追従する可能性です。

逆に言えば、Aの高値を突破できないかぎり、現在のマーケットは長期投資が非常に難しい環境です。

もし買いを考えているなら、強いアップトレンドの株を選ぶ必要がありますが、下は強い銘柄の4例です。



Hercules Offshore, Inc. (HERO) 日足



Patterson-UTI Energy Inc. (PTEN) 日足

ブレイクアウト候補です。



Massey Energy Co. (MEE) 日足



United States Steel Corp. (X) 日足

サポートレベルのテスト中です…

フォトジャーナリズム その2

南アフリカの排外主義が、徹底的に撮られています。

黒くなって見えない写真は、強烈なイメージであることが警報されています。実際にクリックして見ると分かりますが、信じられない光景です。

南アフリカ

ゼネラル・モーターズ(GM)が倒産する?

イメージ
ダウ30銘柄で、上げた銘柄は一つも無い。特に、ひどかったのは10.77%の大幅下落、そして33年ぶりの安値となったゼネラル・モーターズ(GM)だ。

ゴールドマン・サックスのアナリストは、GMのファンダメンタルズ悪化が更に進み、資金不足に陥る可能性があることを指摘して、GM株をニュートラルから売りに格下げした。

アート・ホーガン氏(Jefferies & Co)は、こう言い換えている。

「ゴールドマン・サックスによれば、GMは倒産するそうだ。」

とにかく、株は惨たんたる一日だったが、原油は高値を更新した。下は、原油価格に連動する、ユナイテッド・ステーツ・オイル(USO)の日足チャートだ。



わずかだが、レンジの上辺を越え、新高値が記録されている。続伸候補として、リストに入れておこう。

原油高は、ご存知のように、経済活動に悪影響となる。原油と経済の関係について、スティーブン・リーブ氏(リーブ・キャピタル・マネージメント)は、こう述べている。

「不景気を予想する指標として、原油ほど正確なものはない。73年74年の不景気、80年代初めの不景気、そして2000年の不景気に共通しているのは、どれも不景気に陥る前に大幅な原油高という現象が起きている。」

原油高はガソリン高に結びつくが、こんなアンケートを見つけた。




(CNNマネーから)

質問:ガソリン高で、どんなことを余儀なくされると思いますか?

回答:

・職場の近くへの引越し  20%

・自動車の相乗り通勤  20%

・バスや電車の利用  29%

・在宅勤務  31%

総回答数  14461

S&P500指数の、週足チャートを見てみよう。



指数は、そろそろサポートラインに接触しそうだが、ストキャスティクスは、まだ完全に売られ過ぎレベルに入っていない。もちろん、この辺で底値拾いを考えている人もいると思うが、それはトレンドと逆方向になることを頭に入れておこう。

個別銘柄を二つ見てみよう。



Morgan Stanley (MS) 日足

ブレイクダウン候補だ。



Gran Tierra Energy, Inc. (GTE) 日足

反発ラリーを展開して、ほぼ高値で終了した。続伸に期待できそう。






サポートを割った

イメージ
大引けまで約5時間、ダウはサポートを割った。



ダウ指数の日足

ゴールドマン・サックスによる証券セクターの格下げ、そして約3%上昇の原油が悪材料のようだ。さて、マーケットに戻ろう。

ビジネスに向いているのは?

イメージ
CNNMoney.comから



質問: ビジネスパートナーとして、どちらの大統領候補が優れているでしょうか?

回答:

マケイン氏  38%

オバマ氏  31%

どちらでもない  31%

総回答数  25065

買われたユーロ

イメージ
連銀は、予想されたとおり金利を据え置いた。



(写真:CNNから)

しかし、このニュースでユーロが買われ、下のチャートで分かるように、ユーロはレンジからブレイクアウト(A)となった。



ユーロ/ドル (30分足)

なぜユーロが買われたのだろうか?キャシー・リーエン氏(DailyFX.com)は、こう説明している。

「連銀は、インフレに対してタカ派的な姿勢を示したが、トレーダーの立場から見れば、十分なタカ派的姿勢と言うことはできない。もちろん、今年中に連銀は金利を引き上げることができる。しかし、次の9月に予定されている連邦公開市場委員会の前に、欧州中央銀行が一足先に利上げをしてしまう可能性が高い。」

ボーイング社(BA)が、ゴールドマン・サックスの「売り優先リスト」に載せられ、約7%の大幅な下げとなった。



ボーイング BA (日足)

完全にサポートラインを割り、ほぼ安値引け、そして膨大な出来高だ。こうなると、株価が回復する度に、売りをあびることになるだろう。

S&P500指数の日足へ移ろう。



反発ラリーを展開したが、下降する10日移動平均線(赤)が壁になり、弱々しい終了となった。たとえ、この移動平均線を突破できても、その上には短期トレンドラインが待っている。

もう二つチャートを見てみよう。



PNC Financial Services Group Inc. (PNC) 日足

20日移動平均線の突破に失敗し、弱気な尻尾が形成された。これも、先週の安値が試されそうだ。



Mosaic Co. (MOS) 日足

以前の高値(青)、そして20日移動平均線がサポートになり、一転反発した。続伸に期待できそう。



フォト・ジャーナリズム

どれも強烈な写真です。

エチオピアの食糧危機

イラク

こんなことを言った人がいます。

「言葉というのは真実を隠すための道具だ。」

結婚テスト

(これはfunmeme.comの要約です。)

彼女とのデートも一年以上になり、いよい結婚することになった。しかし、問題は22才のカワイイ彼女の妹だ。

いつもノーブラで、おまけにきついミニスカート、それに私の目の前で挑発的なかがみ方をする。当然、下着だけではなく、それ以上のものも見えてしまう。

そんなある日、この彼女の妹から、結婚式の招待状を見てほしい、という電話があった。さっそく彼女の家に行くと、そこには彼女の妹だけで、他に誰もいなかった。

こともあろうに、彼女の妹は私に寄り添い、耳元でこうささやいた。「あなたのことが好きなの。二階のベッドルームで待っているわ」

動揺する私にお構いなく、彼女の妹はベッドルームへ上がっていった。私はUターンして、玄関のドアを開けて私の車へ向かった。

何と外で待っていたのは、家族全員だった。皆、拍手をしている。彼女の父親は涙を目に浮かべながら、私にこう言った。「テストに合格だ。これで、君は我が家の一員だ。」

ここで本当のことを書いておこう。私が車へ向かった理由は、コンドームを取りに行くためだったのだ。

またヤフーだ

イメージ
水曜午後2時15分、日本時間では木曜午前3時15分に、連邦公開市場委員会(FOMC)が終了する。マーケット関係者たちは、金利据え置きを予想しているが、ひょっとすると一波乱あるかもしれない。オーバーナイトのポジションには、気をつけてほしい。

午後1時頃、突然ヤフー(YHOO)が跳ね上がった。下は10分足チャートだ。



いったい何が起きたのだろうか?原因は、TechCrunchというブログだった。

さて、ブログの内容だが、ヘッドラインは「マイクロソフト、ヤフーと話し合い再開」というものだ。複数の情報源があるようだが、記事には、その情報源が誰であるかは明記されていない。どちらにしても、このブログには78万5000人の読者がいるというから、ヤフー買収の可能性に賭けた人たちが、ヤフー株に殺到したようだ。

ついでに日足チャートも見てみよう。



下降する10日移動平均線、そして17日の高値が壁になり、売り圧力を示す目立つ上ヒゲが形成された。見てのとおり、下降基調の株だから、まだ積極的に買うことはできない。

S&P500指数の日足へ移ろう。



サポートゾーンの下辺、そしてチャンネル下辺のテスト中だ。反発の可能性があることを頭に入れておこう。

もう一つチャートを見てみよう。



Fording Canadian Coal Trust (FDG) 日足

Fording Canadian Coal Trustは、カナダでオープンエンド型のミューチュアルファンド会社としてビジネスを展開し、60%のElk Valley Coal(石炭会社)を所有している。上放れ候補リストに入れておこう。


6年間無利子の自動車ローン

イメージ
ゼネラル・モーターズ(GM)は、売れ残っている2008年型の車を処分するために、6年間無利子の自動車ローンを発表した。さっそく、日足チャートを見てみよう。



これで5連敗。膨大な出来高を伴って安値の更新だ。ついでに、アナリストの推奨状況も調べてみよう。



資料:zacks.comより

面白いことに、3カ月前に強い買い(Strong Buy)を奨めていたアナリストは3人、そしてその数は今日も3人。3カ月前、強い売り(Strong Sell)を奨めていたアナリストは2人、そして今日も2人。全く数値に変化は無い。

こういう事をするのは、お勧めしないが、GMをテクニカル的な立場から見て、買えそうな理由を無理やり探してみた。



矢印で示したように、株価は下げているが、RSIはまだ以前のレベルよりも高い位置にある。これは、ダイバージェンスと呼ばれる現象だから、そろそろGMが底打ちになる可能性がある。もちろん、これだけの理由では不十分だから、下降するトレンドラインや、抵抗線の突破などを先ず確かめた上で買うのが大切だ。

S&P500指数の日足チャートへ移ろう。



短い陰線が形成され、3月の安値(赤)のテスト中だ。切り下がる高値と安値(青)で分かるように、ダウントレンドがハッキリしている。

個別銘柄を二つ見てみよう。



Zions Bancorp. (ZION) 日足

安値圏でレンジを形成している。売り候補リストに入れておこう。



Walter Industries Inc. (WLT) 日足

これは、Zions Bancorp. (ZION)とは正反対のパターンだ。

火曜、水曜の二日間にわたり、連邦公開市場委員会が開かれる。オーバーナイトのポジションに注意しよう。


最優秀賞を受賞したコマーシャル

1分31秒


好調な農業株

イメージ
プット/コール・レシオの週足チャートから見てみよう。



金曜の、冴えないマーケットを反映して、指数は極端に高いレベルで終了した。これは、弱気な大衆心理を表し、プット/コール・レシオは逆指標だから、マーケットはそろそろ反発ラリーを展開する可能性がある。

もちろん、反発ラリーと言っても、これだけレジスタンスがあるから、力強い大きなラリーは期待できそうにない。



S&P500指数 (日足) 3つの壁

1、先週の高値

2、20日単純移動平均線

3、短期トレンドライン

マーケットは、サポートゾーン(4)のテスト中だ。

パッとしない株式市場だが、農業関連銘柄は、まだシッカリしている。 



CF Industries Holdings, Inc. (CF) 日足

CF Industriesは、イリノイ州に本社がある、化学肥料の会社だ。先週水曜、高値を更新し、弱いマーケットに関係なく、強いアップトレンドを維持している。



Agrium Inc. (AGU) 日足

Agriumは、カナダに本拠地を置き、化学肥料と農機具を製造している。現在、先週の高値からプルバック中だから、トレンドラインやサポートラインを引いて、買いのタイミングをつかんでみよう。



Mosaic Co. (MOS) 日足

Mosaic Coは、ミネソタ州に本社があり、これも化学肥料の会社だ。株価の方は、以前の高値がサポートになった観があり、そろそろ反発の可能性がある。




最も影響力のあるのは?

イメージ
CNNMoney.comから




質問:

ガソリンの値下げを実現させるために、最も影響力を持つのは、次のどれでしょうか?

・議会  20%

・消費者  45%

・大統領  7%

・サウジアラビア  29%

総回答数 5454


さて週末

イメージ
男の人生3つの段階

Timさんのブログから)












良い週末をお過ごしください。

次世代のエネルギーは何?

イメージ
CNNMoney.Comから



質問:どれが次世代のエネルギーになるでしょうか?

回答:

・石油とガソリン  9%

・原子力  42%

・太陽エネルギー  38%

・風力  11%

総回答数  66826

急落した原油

イメージ
中国が、ガソリンとディーゼルの値段を引き上げるというニュースで、原油が4.75%の下落になった。

報道によると、1トン当たりのガソリンは17%引き上げられて6980元、ディーゼルは18%引き上げられて6520元、そしてジェット燃料は25%引き上げられて7450元に設定された。

燃料価格の引き上げで、原油の需要が減る、と投機家たちは読んだようだが、デービッド・フリッドレー氏(中国エネルギー・グループ代表)は、こう述べている。

「今日の引き上げは、短期的に見た場合、エネルギー需要に大した影響を与えることはないだろう。そして、中国経済に大きな悪影響になることも無いだろう。」



原油価格に連動する、United States Oil (USO)の日足。弱い引け方だが、上昇する20日移動平均線と、ギャップの上辺に支えられている。

S&P500指数の日足チャートに移ろう。



61.8%の値戻しレベル(3月17日の安値から5月19日の高値で測定)がサポートになり、反発ラリーが展開された。ここから上伸が続いた場合、今週の高値(A)が、一先ずレジスタンスになる可能性がある。

個別銘柄を一つ見てみよう。



Energy Conversion Devices, Inc. (ENER) 日足

大きな出来高を伴って、高値が更新された。下は、10分足チャートだ。



高値圏でレンジが形成されている。ここからの上放れが買いシグナルになる。





中国のガソリンスタンド