投稿

5月, 2008の投稿を表示しています

週末!!!

イメージ
こんな部屋で仕事をしてみたいものだ。

皆さん、良い週末を!

木曜のマーケット

イメージ
原油が派手に動いた。原油価格に連動する、United States Oil(USO)の5分足チャートを見てみよう。



10時半(A)、大きな出来高を伴って、株価がいきなり跳ね上がった。原因は、エネルギー情報局から発表された先週の石油在庫量が、約4年ぶりの大幅減少になったためだ。しかし、これは、オイル・タンカーにからんだ輸送上の問題であり、単に一時的な現象であることが報道され、株はあっけなく下げに転じた。

日足チャートへ移ろう。



膨大な出来高(1)で分かるように、単なる利食いでない可能性がある。辛うじてサポートライン(2)に支えられているが、20日移動平均線(3)を割るようなら、積極的な売り手が参入してきそうだ。

個別銘柄を一つチェックしてみよう。



マスターカード(MA)日足

大きな出来高を伴って新高値を記録した。下は15分足チャート。



レンジからの上放れで買う方法がある。

金曜の経済カレンダー (数値はアナリストの予想)

個人所得(4月分): +0.2% 個人消費(4月分): +0.2%

上記はマーケット開始1時間前に発表される。

マーケット開始15分後には、シカゴ購買指数(5月分)が予定され、アナリストは48.5を見込んでいる。

良い週末をお過ごしください。




貯金を始めたのは何才のとき?

イメージ
好決算の発表で、Polo Ralph Lauren Corp. (RL)が、力強いギャップアップでスタートした。



Polo Ralph Lauren Corp. (RL) 日足

Thomas Weisel Partnersのアナリスト、リズ・ダン氏は、こう語っている。「売上は予想以上に良く、四半期末の在庫状況も良好だった。小売業界の直面している苦しい環境は今後も続くと思うが、こんな状況でPolo Ralph Lauren の新コンセプトが好調だっただけに、アナリストは来年度の利益を高めに見積もることだろう。」

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の10分足チャートに移ろう。



売り手が活躍の午前中だったが、マーケットは引け間際の一時間で、簡単に回復した。

もう一つチャートを見てみよう。



General Dynamics Corp. (GD) 日足

高値からのプルバックが続いていたが、反発ラリーを展開して、20日移動平均線の上に戻った。買い候補リストに入れておこう。




CNNから

あなたが貯金を始めたのは何才の頃ですか?

・18才になる前 28% ・20代、または30代で始めた 48% ・40を過ぎてから 11% ・そろそろ始めるつもり 13%

総回答数 53053




ガソリンは、いつになったら下がる?

イメージ
火曜のマーケット

ダウ:+68.72 +0.55% ナスダック:+36.57 +1.50%


(CNNから)

ガソリンの値段は、いつになったら下がると思いますか?

・今年の夏に下がる 8% ・2008年の終わりまでに下がる 17% ・2009年中に下がる 17% ・向こう10年間下がることはない 58%

総回答数 46626

ナスダックが強い反発を展開し、ほぼ高値引けとなった。下は、ナスダック100指数に連動する、QQQQの日足チャートだ。



高値からのプルバックが続いていたが、今日のラリーで、また20日指数平滑移動平均線の上に戻った。ナスダックが好調だった原因は、特に半導体銘柄が買われたためだ。主な、半導体銘柄を記しておこう。



アメリカの大手総合電機メーカー、ゼネラル・エレクトリック(GE)が、電化製品部門の売却を計画している。GE会長、ジェフ・イメルト氏によると、中国のHaierグループ、そして韓国のLGエレクトロニクスが買い手として有力候補のようだ。

もう一つチャートを見てみよう。



Freeport-McMoRan (FCX) 日足

値幅の狭い陽線を形成して、高値からのプルバックが終わった観がある。反発候補リストに入れておこう。

水曜のマーケット開始1時間前に、4月分の耐久財受注が発表され、アナリストは1.5%減を予想している。




バドワイザー

イメージ
連休が終わるが、アメリカ人たちは、この連休をこう計画していた。


CNNから

総回答数:62276

・車で旅行 14% ・飛行機で旅行 2% ・列車で旅行 1% ・旅行せずに家で過ごす 83%

金曜、バドワイザーでお馴染みのアンハイザー・ブッシュ(BUD)が、膨大な出来高を伴って高値を更新した。下が日足チャートだ。



横ばいゾーンから、大きくブレイクアウトしているが、ヨーロッパのInBev SAに買収される可能性が報道されている。

もう一つの話題は、ゴールドマン・サックスの買い優先リストに加えられたアップル(AAPL)だ。



アップル(日足)

高値からのプルバックが終わった観がある。

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の週足チャートへ移ろう。


前週のローソク足を包みこむ、弱気なパターン(1)が出来上がっている。今週は売り手に注意だ。

もう一つチャートを見てみよう。



Sina Corp. (SINA) 日足

重なる20日指数平滑移動平均線とサポートラインのテスト中だ。反発候補リストに入れておこう。

火曜のマーケット開始30分後には、二つの発表がある。(数字はアナリストの予想)

・消費者信頼感指数(5月分) 61.0 ・新築住宅販売件数(4月分) 年間ベースで52万件




週末!!!

おまけに、月曜は祭日で3連休。

好きなコマーシャル。(59秒)


ガソリン高は言い訳

イメージ
木曜のマーケット

ダウ:+24.43 +0.19% ナスダック:+16.31 +0.67%

高騰するガソリンを理由に、フォード・モーター(F)はトラックとスポーツ用多目的車の減産を発表し、更に、2009年までに黒字経営という目標を達成するのは無理という見方も明らかにした。



上はフォードの日足チャートだ。ニュースが悪影響になり、ギャップダウン(1)の寄付き、そしてほぼ安値引けだ。

4月24日(2)の取引に注目してほしい。今日の出来高を上回る、膨大な出来高(3)だ。この日、フォードは第1四半期の決算を発表した。アナリストは、一株利益が11セントの赤字になることを予想していたのだが、何と驚くことにプラス5セントという結果だった。現に、この決算発表後、最高経営責任者は、「フォードは、2009年までに、年間を通しての黒字経営を実現させる」、という言葉を繰り返している。

そして今日、目標達成は不可能、と完全に態度を変えたわけだが、4月24日と今日のガソリン価格は、いったいどれほど変化したのだろうか?



(エネルギー情報局より)

4月21日の週(A)、全ての種類を含めて計算した、1ガロンあたりのガソリン平均価格は355.7セントだった。そして今週(B)、価格は384.0セントだから7.9%の上昇だ。たしかに、1カ月で7.9%は大きいが、ご存知のように、ガソリンの値上がりは今月始まったばかりではない。それにもかかわらず、フォードは燃費の悪い、トラックやスポーツ用多目的車を製造し続けていた。ガソリン高が、フォード低迷の主要因ではない。ダメなのは経営陣だ。

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートへ移ろう。



一先ず、なだらかに上昇する、50日平滑移動平均線がサポートになった。出来高は減り、昨日の長い陰線にもかかわらず、積極的な売り手は現れなかった。

さて、月曜は祭日、米国は連休だ。おそらく、午後のマーケットは閑散とすることだろう。

良い週末をお過ごしください。




ヘッジファンド・マネージャー

イメージ
これが最新の秘密兵器だ!!!


上場投信の利用

イメージ
水曜のマーケット

ダウ:-227.49 -1.77% ナスダック:-43.99 -1.77% 

S&P500指数に連動する、スパイダー(SPY)の日足チャートから見てみよう。



目立つのは、突出した今日の出来高(1)だ。現に、ここ1カ月間で最も多い取引量になり、売りプレッシャーの増大が表れている。全く冴えない一日だったが、上昇する50日平滑移動平均線(赤)がサポートになる可能性がある。

株が売られた原因の一つは、何と言っても、また新高値を記録した原油だ。



上は、原油価格に連動する、United States Oil (USO)の日足チャートだ。円で囲ったが、最近の出来高の増大は際立っている。もちろん、株価は移動平均線から、かなり乖離した状態だから、そろそろ利食いがあってもおかしくない。

高騰する原油価格を理由に、アメリカン航空は、11%から12%の米国内線の便数を減らすことを発表した。更に、チェックインする手荷物には、一つあたり15ドルの手数料制度も採用される。

下は、上場投信UltraShort Oil & Gas ProShares (DUG)の日足チャートだ。



この上場投信は、原油指数が1%下がると2%上がる仕組みになっているから、これを買うことで、原油の下落で利益を上げることができる。

今日も話題の原油

イメージ
原油が、史上最高値を記録した。終値は1バレル129ドル7セント、いよいよ130ドルが目前になった。

こんなコメントを見つけた。

「外国人投資家の目で見れば、経済成長が低迷している今日のアメリカでは、なかなか米国に投資する気にはなれない。しかし、高騰する原油はインフレ率を高め、結果的には連銀は短期金利を引き上げることになるだろう。そうなれば、当然ドルが買われることになるから、ある程度の原油高はドルに好材料だ。だが、オイル高も、ある一定のレベルを超えると、急激に米国経済を悪化させることになるから、連銀は金利を引き下げるしかない。もちろん、これはドルにマイナスだ。」マイケル・ウールフォーク氏(Bank of New York Mellon)

当然の疑問は、今日の原油価格はある程度高いレベルだろうか、それとも、既にある一定のレベルを超えているのだろうか?

S&P500指数の日足チャートへ移ろう。



月曜の弱い引けを受けて、火曜のマーケットは、売り手優勢の展開となった。ほぼ安値引けだが、直ぐ下を走る2本の平滑移動平均線が、サポートになる可能性がある。

下は、アップルの日足チャートだ。



20日平滑移動平均線から跳ね返り、弱いマーケットに左右されることなく、高値引けとなった。続伸に期待できそう。



(B.I.Gより)

質問: 原油は、どこまで上げたら10%下げると思いますか?

最も回答が多いのは、1バレル130ドル(30%)、そして次が1バレル150ドル(24%)だ。

キャンベル・スープ

イメージ
月曜のマーケット

ダウ:+41.36 +0.32% ナスダック:-12.76 -0.50%

下の、10分足チャート(S&P500指数)で分かるように、マーケットは午後崩れた。



日足で見るとこうなる。



200日単純移動平均線の突破に失敗し、ほぼ安値引けというパターンだから、火曜のマーケットは売り物に注意だ。

キャンベル・スープ(CPB)が、予想を外す決算発表で、6.26%の大幅下落になった。

forbes.comは、こう報道している。

「上昇する肉、そして野菜価格は、世界最大のスープメーカー、キャンベル・スープに悪影響となった。発表された決算には、たしかに利益は出ているが、これはチョコレート部門(Godiva)の売却によるものであり、肝心な米国内におけるスープの売上は3%減少している。」



キャンベル・スープの日足チャート。


個別銘柄を2つ見てみよう。



Excel Maritime Carriers, Ltd. (EXM) 日足

大きな出来高を伴って、弱気な、つつみ線(1)が形成された。更に、RSIは既に下げが始まり、デバージェンス(2)という現象も見られる。無理して空売る必要はないが、上昇するトレンドラインあたりまで利食われそうだ。



T. Rowe Price (TROW)の週足チャートに、二番天井が形成されている可能性がある。先週の安値割れ(3)を合図に、空売る方法がある。






暑い、

イメージ
現在ロサンゼルスは34度。いよいよ夏だ。10分ほど前に、ドジャースの試合が始まったが、この暑さでは野球どころの騒ぎではない。



(対戦相手はエンゼルス)

さて、マーケットを復習してみよう。



S&P500指数(日足)

マーケットは、相変わらず200日単純移動平均線の突破に難航している。10分足へ移ろう。



金曜の様子だが、売り手に、もう一つ力が入らない。午後は、反発ラリーが展開されて、ほぼ高値引けとなった。

下は、多くのトレーダーに注目されている、特に勢いのある銘柄リストだ。

ナスダック銘柄:Apple Inc. (AAPL), Activision, Inc. (ATVI), Broadcom Corp. (BRCM), DryShips, Inc. (DRYS), Energy Conversion Devices, Inc. (ENER), F5 Networks Inc. (FFIV), First Solar, Inc. (FSLR), Hercules Offshore, Inc. (HERO), NetApp, Inc. (NTAP), Patterson-UTI Energy Inc. (PTEN), Research In Motion Ltd. (RIMM), Steel Dynamics Inc. (STLD)

ニューヨーク銘柄:Alpha Natural Resources Inc. (ANR), Peabody Energy Corp. (BTU), Cleveland-Cliffs Inc. (CLF), Cummins Inc. (CMI), Canadian Natural Resources Limited (CNQ), CONSOL Energy Inc. (CNX), Gerdau S.A. (GGB), Massey Energy Co. (MEE), Companhia Siderurgica Nacional (SID), Southwestern Energy Co. (SWN), Talisman Energy Inc. (TLM), United States Steel Corp. (X)




thestreet.comより

質問: あなたは、どういう姿勢で、今週のマーケットに臨みますか?

強気 52.79%

弱気 29.…

週末!

ペプシではなく、今夜は日本酒で行きます!!!


NR7

イメージ
木曜のマーケット

ダウ:+94.28 +0.73% ナスダック:+37.03 +1.48%

S&P500指数の日足チャートから見てみよう。



ついに、50%の値戻しレベル(10月の高値から3月の安値で測定)を超えて、下降する200日単純移動平均線(1)に挑戦が始まった。ここも突破するようなら、その次のターゲットは61.8%の値戻しレベル(2)、そしてチャンネルの上辺(3)へと続く。

もちろん、注意しなければいけないことがある。



上は、投資心理を把握するのに役立つ、プット/コール・レシオだ。サポートラインを割って、かなり低いレベルに下げているが、これは投資家の強気な姿勢を示している。以前も説明したように、このような低レベルを記録した時に、マーケットは一時的な天井になりやすいから、利益確定の売り物に用心したい。

個別銘柄を2つ見てみよう。



Baidu.com, Inc. (BIDU) 日足

NR7と呼ばれる、ここ7日間で、最も値幅の狭いローソク足(A)が形成された。こんな日の後には、大きな動きが起きやすいから、注目リストへ入れておこう。



Mastercard (MA) 日足

これもBIDUと同様にNR7だ。

著書の中で、ラリー・ウィリアムズ氏は、こう記している。

「マーケットには、規則正しいサイクルがある。それは、値幅の狭いサイクルと、値幅の大きなサイクルだ。狭い値幅の後には大きな値幅、そして広い値幅の後には小さな値幅がやって来る。」

良い週末をお過ごしください。









便器に向かえば美女に見つめられ

イメージ
世界仰天ニュースから




これでは、カタクなってしまって用がたせない。

売りが目立った午後のマーケット

イメージ
水曜のマーケット

ダウ:+66.20 +0.52% ナスダック:+1.58 +0.06%

S&P500指数の日足チャートから見てみよう。



またしても、50%の値戻しレベル(10月の高値から3月の安値で測定)を越えることができず、失速を示す上ヒゲを作って、ほぼ安値引けとなった。(赤い線は200日単純移動平均線)

午後、マーケットが崩れた。下は、人気銘柄アップルの5分足チャートだ。



膨れ上がった出来高で分かるように、引け間際の1時間は、売り物が殺到した。

もう一つチャートを見てみよう。



Silver Standard Resources Inc. (SSRI) 日足

以前のサポートライン(赤)、そして50日平滑移動平均線(青)がレジスタンスになり、ほぼ安値で終了した。チャンネルの下辺割れで売る方法がある。

木曜のマーケット開始前には、設備稼働率(4月分)と鉱工業生産指数(4月分)が発表される。前者は80.2%、後者はマイナス0.3%が予想されている。