投稿

心配材料の多すぎる米国株式市場

イメージ
「米国株式市場は、いよいよ嫌な雰囲気になって来た」、と言う知人トレーダーたちの話をします。先ず、S&P500のETF、SPDR S&P 500 Trust(SPY)の日足チャートを見てみましょう。


上昇する200日移動平均線で分かるように、長期トレンドは明らかなアップトレンドです。現在、ETF価格は3月の高値に挑戦し(1)、ここを突破すると史上最高値が記録されます。正に強いマーケット、といった状況ですが、次にこのチャートを見てください。

投資心理とストキャスティクス

イメージ
CNNマネーには、株投資家たちの心理状態を示す、「恐怖&欲指数」というものが掲載されています。

現在の数値は50、正にちょうど真ん中、心理状態はニュートラルです。1週間前は恐怖を示す30、1ヶ月前も弱気な29、そして1年前は欲を示す強気な数値71でした。

米高級デパート、偽の泥付きジーンズを4万7230円で販売!

イメージ
嘘かと思いましたが本当でした。


上の写真は、米国の高級デパート、ノードストロームのサイトに掲載されているものです。見てのとおり、汚れたジーンズですが、なんと425ドル(約4万7230円)で販売されています。

フランス大統領選、これで株式市場の高値更新は約束された!?

イメージ
あと30分の取引時間を残し、NYダウは+232ポイント(1.1%)の大幅上昇です。下が日足チャートです。


注目したいことが二点あります。

ユナイテッド航空より客扱いが悪い企業があった!?

イメージ
先日の機内で起きた一件で、ユナイテッド航空と聞いたら、誰もがこの光景を直ぐに思い浮かべることでしょう。


男性は機内から乱暴に引きずり出された訳ですが、ユナイテッドのCEOは「引きずり出す」という言葉を使わないで、「re-accommodate(再便宜を図る)」という言葉を使ったのですから呆れてしまいます。

長期と短期ストキャスティクス併用について

イメージ
動画で使用しているチャート(TradingView)は下記からアクセスできます。

TradingView



(関連動画:スーパートレンドを使ったトレード例

なぜ米国株式市場は大きく下げてくれないのだ?

イメージ
ニューヨークの株式市場は、なかなか大きく下げてくれない、という言葉をよく聞きます。思ったように下がらないテクニカル的な理由の一つはこれです。ダウ平均の日足チャートを見てみましょう。