投稿

S&P500、中国株、大麻

イメージ
 マーケットのムードが良くなりました。テクニカル的、そして心理的にもマーケットの状況が好転しています。今日の動画ではS&P500指数、中国株のETF、そして忘れられた存在となった大麻関連銘柄のETFを見てみました。

迫る年末のショッピング・シーズン、品不足をどう解決する??

イメージ
 下の写真は、10月8日に撮影されたものです。ロサンゼルス近郊にある家電製品、ホームオフィス製品、コンピューター、携帯電話などを販売している大手小売チェーン、ベストバイの店内の様子です。(写真: Daily Mail )

1 - 2 - 3 継続パターンの話:二番目の買いチャンス

イメージ
 ウランのETFが11.65%の爆発的な上昇となりました。ブレイクアウトの直後に買うことができなかった人たちは、二番目の買いチャンスとなる「1 - 2 - 3 継続パターン」が形成されることを期待しています。

米株はそろそろ売り時??

イメージ
 米国株式市場のバロメーターとして有名なのはS&P500指数です。今日の動画では、S&P500指数に3つの指標を入れて、米国株式市場の危険度を把握する方法について簡単に説明します。

アリババ株は底打ち?興味深い週足チャート

イメージ
 著名投資家がアリババ株を買い足していたというニュースを受け、木曜の取引で、アリババ株は8%を超える大幅上昇となりました。低迷が続いていただけに、底打ちの判断をするのはまだ早すぎるという意見もありますが、週足チャートには興味深いローソク足が形成されています。

基準線をテストするS&P500指数

イメージ
 季節的に見た場合、10月は株に悪い月ではありません。

ハル移動平均線のすすめ

イメージ
 20日、50日移動平均線が広く使われていますが、ほとんどの人たちは単純移動平均線、または指数移動平均線を利用しています。しかし、一部のトレーダーたちは、あまり聞くことがない「ハル移動平均線」を使っています。今日の動画では、ハル移動平均線の利点について簡単に説明します。

ローソク足と練行足の組み合わせ、併用について

イメージ
 トレーディングビューで好きな指標は何ですか?、最も役立つ指標は何ですか?、といった質問を時々いただきます。私は以前から練行足に興味があったので、今日の動画では、ローソク足と練行足を組み合わせた便利な機能について簡単に説明します。