投稿

個人投資家たちが感じていたことは本当だった

イメージ
皆さんも薄々感じていたと思いますが、ブルームバーグの報道によると、私たちが感じていたことは単なる妄想ではありませんでした。
なぜヘッジファンドのマネージャーたちは、「これが買い候補銘柄だ」などといった重要な情報を、投資家たちの前で公表するのでしょうか?

NR7だけでなくNR10も見てみました

イメージ
NR7というパターンについて何度か書きましたが、NR7はNarrow Range 7の略になり、過去7日間で値幅が最も狭い日がNR7になります。実例をあげると、金曜のNYダウがNR7です。

証券取引所は週末も営業するべきだ!?

イメージ
こんな質問があります。 なぜ土曜と日曜は株の取引が無いのでしょうか? 言うまでもなく、週末は全ての人が休みになる訳ではありません。小売店、レストランは通常どおりに土日も営業し、銀行も土曜は店を開けています。もし週末に株取引ができるようになれば、週日は仕事で忙しい人たちが、大いに助かるのではないでしょうか?

貿易戦争が株を売った理由???

イメージ
ひとつひとつの言葉は忘れてしまいましたが、ポール・チューダー・ジョーンズ氏が、このようなことを語っていました。

株価はなぜ上がったのだろうか、なぜ下がったのだろうか、と値動きの原因究明に懸命になる投資家が多い。私の経験から言えることは、皆に注目されるようになった時点で、値動きのほとんどは終わっている。私がこの業界に入った頃は大した情報が無く、情報の質も悪かったから、私はマーケットの動きが示されているチャートを重要視するようになった。

ダウ平均から外されたGE、株主は喜ぶべきだ??

イメージ
・米GEがダウ平均から外れる、110年ぶり 株価低迷で(CNN)・米GEをダウ平均から除外、19世紀組み入れの最古銘柄姿消す(ブルームバーグ)・GE、ダウ平均から除外 ドラッグストア大手と交代へ (日本経済新聞) GE(ゼネラル・エレクトリック)がダウ平均から外され、その代わりとして、ドラッグストア大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが26日からダウ銘柄に採用されます。

成功しているトレーダーが実行している13項目

イメージ
下は、スティーブ・バーンズ氏のブログからです。

相場が正常に戻るのは7月の中旬になってから??

イメージ
日本円のETF、Invesco CurrencyShares Japanese Yen Trustの日足チャートです。

少し変わったボリンジャーバンドとMACDの併用方法(続編)

イメージ
一つの指標に頼るのではなく、他の指標、そして他の時間軸も確認することが大切です。約7分の動画です。




動画で使っている無料チャートへは下記からアクセスしてください。

TradingView


下はこの動画の前編です。

少し変わったボリンジャーバンドとMACDの併用方法

ビットコイン:歴史が繰り返さたら凄いことになる

イメージ
投資家たちはビットコインに対して極めて悲観的です。しかし、この過去のデータを見たら、買い手は元気になることでしょう。約7分の動画です。




動画で使っているチャートへは下記からアクセスしてください。無料で使えます。

TradingView

米国の失業とインフレは低水準??

イメージ
予想されていたように、米国の金利は引き上げられました。
(ワシントン時事)米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は13日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げ、年1.75~2.0%にすると全会一致で決めた。上げは3月以来で、今年2回目。景気判断を上方修正して年内にさらに2回の金利引き上げを見込み、今年の利上げ回数は合計4回となる見通しだ。 今年の金利引き上げ回数が合計3回から4回に増やされたので、「連銀の姿勢はタカ派になった」という意見が早速出ました。しかし、2020年の利上げ回数は2回から1回に減らされたので、2020年末の金利水準に変化はありません。